夏季休暇のお知らせ

みなさんこんにちは。


生活支援員の植松です。

 

毎日蒸されるような暑さが続き辛いですね・・。

 

SAKURA蒲田センターでは、8月10日から18日まで夏季休暇をいただいております。


そのうち10日・13日・14日は利用者さん向けに体調管理・生活リズムの安定を目的として、開所をする予定となっております。

 

夏季休暇中の開所については、しながわ水族館までの外出や映画鑑賞などの特別プログラムを行います☆

 

お休み期間については、ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

 

***********************************

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

お気軽に下記までお問合せください。

『03-5714-0392』

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。

***********************************

質の良い睡眠を取るには

皆さんこんにちは。

SAKURA蒲田センター星野です。

ほとんど晴れ間がなく、涼しい日が続いていた梅雨から、

急に30度を超える夏の天気に変わりましたが、

皆さま体調崩されていませんか?

 

この時期こたえるのは睡眠不足ですね。

周りでも、日中眠そうにしている方が増えています。

そこで、今回は質の良い睡眠を取る方法をお伝えします。

 

皆さまはどんな工夫をされていますか?

窓を開けて寝る。

クーラーや扇風機をつけっぱなしで寝る。

クーラーや扇風機をタイマーかけて寝る。

など、いろいろな工夫をされていると思います。

まずは、部屋の温度を下げることは必要ですね。

暑すぎると夜でも熱中症になりますので、要注意です。

 

もう一つ大切なのは、体の内側の温度を下げることです。

そのためには、就寝の1時間半ほど前に風呂に入るのがいいそうです。

シャワーでも構いませんが、体をしっかり温めてください。

風呂から上がると、段々と体の内側の温度が下がっていきます。

そうして、体の内側と手足の温度差が少なくなると眠りやすくなります。

もちろん、風呂から出たら、スマホやPCは見ないで

脳を休めてリラックスしてくださいね。

 

眠りは深い眠りと浅い眠りを繰り返しますが、

朝にかけてだんだんと浅くなっていきます。

ですので、最初の90分間でいかに深く眠れるかが重要です。

眠りが浅いなあと思う方は、上記の方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

SAKURA蒲田センターでは、生活リズムを整える工夫なども一緒に取り組んでいます。

興味がある方がいらっしゃいましたら、

いつでもご連絡をお待ちしております。

 

 

***********************************

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

お気軽に下記までお問合せください。

『03-5714-0392』

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。

***********************************

働く為の準備「職業準備性ピラミッド」

皆さん、こんにちは。

就労支援員源川です。

 

今年の梅雨は長くて雨が続いていましたね。やっと晴れたと思ったら

高い湿度に高い温度・・・。ちょっと嫌になっちゃいますね。

私は汗っかきなのでこれからは流れ、滴り落ちる汗との闘いです(笑)

 

皆さんも暑さや気温差で体調を崩されないようにしてくださいね。

 

さて、今回の話題は「働く為の準備」についてです。

就労移行支援事業所などではこの準備をよく、ピラミッドに例えて

お話しています。

 

そのピラミッドが!

こちらです↓

 

職業準備性ピラミッド」と言います。

 

図で見て頂いた通り、働く為に必要な項目がピラミッド型に配置されて

います。

就職活動をする際によく、その職業でのスキルの重要性などがスポットを

浴びがちです。このピラミッドで言う「職業適性」ですね。

が!しかし!これは障がいをお持ちお方、そうでない方どちらにも言える

事ですが、このピラミッドの土台、「心と体の健康管理」であったり、

「日常生活管理」であったりがしっかりしていなければ、働く事はおろか、

就職活動ですらままなりません。まずはしっかりした土台があってこそ、

長く、活き活きと働いて行けるんだなというのが一目でわかるかと思います。

 

土台がしっかりしている事が大事なのは一目瞭然なのですが、

ここで大切なのが、その土台に書かれている「~~管理」という「管理」

という言葉です。例えば最下段の「心と体の健康管理」ですが、

心と体が健康なことに越したことはありません。しかし、そうはいかない

事も多々あるかと思います。特に障がいと付き合っていきながらの就職は

いつも健康である事は難しいことが多いです。

 

大丈夫です!

大切なのは「きちんと管理できている事」なのです。

不調であってもしっかりご自身なりの対処や相談をしながら働ける、

それで不満を言う企業があるでしょうか?

障がいがあり難しい事はもちろんあると思います。

そのうえで自分がどう管理して長くその企業に貢献できるか?、

自分も企業も安心して働けるか?それが重要なのです。

 

ではどうやって管理していくのか?どうやってこのピラミッドを

強固なものしていくのか?それは皆さんそれぞれ違うと思います。

それを私たち、SAKURA蒲田センターでは一緒に考えていきたいのです。

 

そんなお話を就労カリキュラムでお話させて頂きましたので

ちょっと熱くなってしまいましたが(笑)、簡単にですがご紹介させて

頂きました。

 

就職したい、でも自分にはどんな準備が必要なのかわからない、また、

どんな準備が必要なのかわかっているけれどもどうやればいいのかわからない

そんな方は是非一度SAKURA蒲田センターにご相談ください。

経験豊富、支援豊富、親身に対応できる職員が働く準備のお手伝いをさせて

頂ければと思っています。

**********************************
SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。
お気軽に下記までお問合せください。
03-5714-0392
就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付
綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。
**********************************

検品業務って??

皆さんこんにちは。

 

生活支援員の植松です。

 

いよいよ7月も半ばに差し掛かってきました。
梅雨明けが待ち遠しいですね!

 

本日は、SAKURA蒲田センターの業務研修カリキュラムの「封筒検品」作業についてご紹介させていただきます。

 

「検品」とは何かというと・・・
つくられた製品に、不備がないか確認をすること

 

蒲田センターでは、封筒を作成する作業を行っていますが、自分たちが作成した封筒がお客様の元にだすと考えた時に、不備などがないか自分たちで検品を行っています。

 

検品業務を下の検品表のチェック項目をチームで分担して、チェックしていきます。

 

 

 

 

自分の担当箇所が終了したら、次の担当の人に回していきます。

全部の箇所の検品が終わるとこのようになります。↓

 

 

最後の担当の人は、お客様にだせるもの(合格)と残念ながらだせないものを番号ごとに仕分けしていきます。

 

 

この日は一日になんと181枚の封筒を検品することができました!!

 

蒲田センターでの検品業務は、チームでの作業となるので、
周りの人への声掛けや動きをある程度合わせていくことが必要となります。

 

中々難しい作業でもありますが、皆さん声掛けなどを意識しながら行っておりました。

 

また、検品を行うことで封筒を更に丁寧作りたいと利用者さんたちのモチベーションも上がり、封筒作成の精度もどんどん上がっています。

 


蒲田センターではこのように実践的な作業の中で他の方とコミュニケーションをとるようなプログラムを用意させていただいております!!

 

苦手な方も職員と相談しながら行っていきます。

 

興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡をお待ちしております。

 

*****************************

 

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

 

お気軽に下記までお問合せください。

 

『03-5714-0392』

 

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

 

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、

 

あなたの「働きたい」を応援しています。

 

*****************************

京急蒲田駅周辺のおすすめスポットマッピング

皆さんこんにちは。
生活支援員の植松です。

 

梅雨時期で雨がつらい季節ですね。

 

本日は、グループワークのカリキュラムで行った
「京急蒲田駅周辺のおすすめスポットマッピング」について紹介させていただきます。

 

京急蒲田駅周辺にある蒲田センターですが、
駅周辺の利用者さんそれぞれのおすすめの場所を
皆さんで地図にまとめました!!

 

どうしてこのようなワークを行うのかというと・・


仕事で必要となる、他の人と一つのものを作り上げるためにどんなものが必要となるのかを考えるためです。

 

仕事はけっして一人で行うことはできません。

他の人と協力して作業を行っていきますよね。
そんな中で他の人と作業を行う上で、どのようなコミュニケーションが必要となるのか皆さんで考えました。

 

京急蒲田駅周辺にはどんなものがあるか、皆さんでインターネットで調べたり考えたり、地図にしました!

 

こちらが完成した地図です!!

 

 

 

おすすめどころが詰まった地図となっています。


皆さんが一つの地図を作り上げるのに必要と感じたことは・・

「人の話を受け入れること」「自分の意見を伝えること」

だそうです!!


皆さん職場で人と働く上での大切な気づきがありましたね。

 

蒲田センターでは、このような仕事で必要なコミュニケーションの取り方を
グループワークを通して考えるカリキュラムを一週間に一回行っております。

 

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

 


*****************************

 

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

 

お気軽に下記までお問合せください。

 

『03-5714-0392』

 

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

 

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、

 

あなたの「働きたい」を応援しています。

 

*****************************

梅雨のカビ対策

皆さんこんにちは。

SAKURA蒲田センター星野です。

梅雨まっただ中、じめじめした日が続きますが、

皆さま体調いかがですか?

 

梅雨から夏にかけて、夏バテ、クーラーの冷え、

寝不足、食中毒など、体調を崩しやすい要因が

多々ありますが、忘れてならないのがカビです。

 

SAKURA蒲田センターの1階上にある、

綜合キャリアトラスト 蒲田オフィスでは、

先日、梅雨の晴れ間にカビ対策として、

水回りとエアコンに集中して掃除をしました。

 

洗面所は金属部と陶器部の境目や排水口、

流しはゴミ受けやその下の排水トラップ、

トイレは、タンクの水が落ちる箇所、

エアコンはフィルター

を中心に、普段の掃除では、

なかなか行き届きにくい所を掃除しました。

 

クリーニングペーパーや不要な歯ブラシなど

を使って、黒ずみを取っていきます。

15分ほどで、ほぼ綺麗になりました。

 

綺麗になると気持ちいいですよね。

これに刺激され、私は自宅も家族総出で掃除しました。

 

SAKURA蒲田センターでは、ライフスキルを

身に付けられるよう、生活カリキュラムも提供しています。

興味がある方がいらっしゃいましたら、

いつでもご連絡をお待ちしております。

 

************************************

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

お気軽に下記までお問合せください。

『03-5714-0392』

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。

************************************

 

就労カリキュラム:履歴書作成

皆さん、こんにちは。

就労支援員の源川です。

 

とうとう梅雨入りしましたね。

入ったとたんに連日すっきりしない天気、

上下する気温差、過ごしにくいな~と思っている方も多いと思います。

特にこの季節安定しない気温、気圧で体調を崩される方も多いです。

長く働いていく上で、その季節に応じた体調管理は必要ですね。

 

さて、今回のブログのテーマは毎週金曜に行われている

「就労カリキュラム」についてです。

就労カリキュラムでは就職するために必要なこと、また

就職してらから必要なことなど就労移行支援事業所の本分と言える

カリキュラムをご提供させて頂いております。

 

今回ご紹介するのは、まさにザ!就職活動!「履歴書作成」です。

一般的な履歴書は書いたことがある方が多いと思いますが、意外と細かな部分

で注意すべき事やこう書いた方が分かりやすいといった事が多いです。

SAKURA蒲田センターでは見本の履歴書を基に細かく注意事項や記載の仕方等

説明させて頂いております。

 

 

また、履歴書で一般の就職と違う部分が「配慮事項」となります。

障がいをお持ちの方が就職する企業に障がい上難しい事を「配慮」して頂く為

にその内容を記載し、お伝えする為の項目です。

ただ出来ない事、企業に求める事だけを記載するのではなく、

どういった対処を行っているのか、どうすれば業務を遂行できるのかまで

しっかり記載することで企業様も安心して雇用をすることが出来ます。

その「配慮事項」にどんなことを記載するのか、どのような書き方をするのか

といった事までしっかりとサポートをさせて頂いております。

 

就職活動で最近増えているのが「書類選考」。

履歴書は書類選考の際に、まず企業様の目に触れる皆様の情報となります。

1枚の紙で就職の第一関門が突破できるか、出来ないかが決まってしまいます。

ただの1枚の紙にどれだけ皆様のきちんとご経験や良い部分などを記載し、

採用につながるようにアピールするかを一緒に考えさせて頂ければと

思っています。

 

SAKURA蒲田センターには経験豊富な職員がそろっております。

大企業、サービス業、IT、事務、営業etc…それぞれの経験を活かして

1枚の履歴書にも全力でアドバイスやお手伝いをさせて頂いております。

 

履歴書の書き方、イマイチわからない、苦手、配慮事項に何を書いたら

いいか分からない・・・といった方、多いと思います。

ぜひ、SAKURA蒲田センターへご相談ください!

履歴書、皆様の経験やPRポイントに応じた職務経歴書の作成の仕方、

分かりやすく学んでいただけるかと思います。

 

**********************************
SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。
お気軽に下記までお問合せください。
03-5714-0392
就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付
綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。
**********************************

障がい者委託訓練(PC編)

皆さんこんにちは。
職業指導員の今泉です。

 

春も終わりに近づき
暖かい季節へとなりますね。
しかし、時折、寒い日も多々あります。
皆様、お体にお気を付けてお過ごしください。

 

前回は「障がい者委託訓練」の
マナーについて説明させていただきました。
今回はPCについて説明させていただきます。

 

PCは
障がい者委託訓練の全160時限中の110時限、
約7割を占めています。

 

受講生の方々の多くは
「就労のためにPCを身につけたい」
という志を持って来られています。

 

PCの知識と技術を身につければ
就労への近道になることは間違いないのですが・・・
そんな中、受講生の方々はあることに気づかれます。

 

「マナーや生活の上にPCの知識や技術が成り立つ事」

 

PCは難しくもあり便利で楽しいものです。
知れば知るほど頼もしいアイテムになることも確かです。
折角、身につけたこのアイテムを有効に使う為の
さらなるアイテムがマナーや生活だということ。
それを心がけながら日々PCを学ぶことで
就職活動にて、より強いアイテムになります。

 

また、得たPCの知識や技術を
使うことに不安を抱いている方もいると思います。
心強いアイテムという考え方で
使うことを楽しみになっていただければ
嬉しく思います。


こういった状況と一緒にある
就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター。
興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら
いつでもご連絡をお待ちしております。


*****************************
SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。
お気軽に下記までお問合せください。
『03-5714-0392』
就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付
綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。
*****************************

業務研修って??

皆さんこんにちは。

 

生活支援員の植松です。

 

本日はSAKURA蒲田センターの業務研修(作業カリキュラム)についてご紹介させていただきます。

 

業務研修のカリキュラムは毎週火曜午前・午後を通して、職場の環境を想定し作業を行います。

 

 

 

 

 

 

①休憩は自己発信。

 

自分自身のその日の体調を把握し、体調に合わせた休憩を自分でとることで、仕事の効率はあがっていきます。

 

長く安定して働く為には必要なスキルとなっていますので、休憩を取る際には自分で指示者に伝えます。

 

もちろんまだ自分でタイミングがつかめない方は、職員と相談しながら休憩のタイミングを決めて行きます。

 

 

②報連相、質問の実践の場。

 

マナーカリキュラムで座学で学んだこと(タイミング・伝え方など)を作業の報連相を通して実践していくことで職場に必要なやり方を身につけて行きます。

 

③様々な作業を体感。

 

主に作業は二種類に分かれます。

1.手作業(封入作業・電卓作業・宛名書き・封筒作成など)

.PC(データ入力・書類作成など)

 

様々な作業を体感することで、自分の得意・不得意を見つけ、仕事に対するイメージをふくらませることができます。

 

 

④評価表を通して自分の目標を考える。

 

上の画像のような評価表を2ケ月に一度、お返ししています。

自分の強み・弱みを評価表を通して、理解し、それぞれを伸ばしていく方法を職員と相談しながら一緒に考えます。

 

 

業務研修後は、皆さん疲れ度合いも大きいですが、その分「仕事ってこんな感じなんだろうな・・」とイメージをすることできます。

 

実際の業務研修カリキュラムをどのように行っているのか、興味がおありの方がいらっしゃいましたら、いつでも見学等お待ちしております。

 

*****************************

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

お気軽に下記までお問合せください。

03-5714-0392

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、

あなたの「働きたい」を応援しています。

*****************************

GWの過ごし方とその後の体調

皆さんこんにちは。

SAKURA蒲田センター 星野です。

 

みなさん、長かったGWの後、体調崩されていませんか?

長期連休は、ついつい、だらけたり、夜更かししたり、

遊びすぎたりして、その後、体調崩す人も多いと思います。

また、5月は、気温も急に上がったり、走り梅雨でジメジメする

日もあり、着るものや布団の調整も大変な時期ですので、

体調管理が難しいですよね。

 

働いている方はどうしているのでしょう?

SAKURA蒲田センターの上階にある、

企業の障害者雇用枠で働くサテライトオフィスに勤めている

方々は、みな、元気に働いています。

そこで、GW中、どの様に過ごしていたか聞いてみました。

すると、いくつかの共通する過ごし方がありました。 

● 普段と生活リズムをほとんど変えない 

● 外出は疲れが残らない程度でほどほどにし、のんびり過ごす 

● 仕事のことなど、余計なことは考えない

 

生活リズムについては、ずれても、

いぜい1時間遅く起きるぐらいでした。

過ごし方としては、ゲームや趣味に時間を費やしていた

方が多かったですね。

余計なことは考えない、という切り換えも大事ですね。

 

いかがでしょう、参考になりましたか?

企業によっては、GWや夏季休暇、年末年始に大型連休のところもあります。

その時に、ちょっと思い出していただけたらと思います。

 

SAKURA蒲田センターでは、生活リズムを整えるお手伝いもさせていただいています。

興味がある方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡をお待ちしております。

 

*****************************

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

お気軽に下記までお問合せください。

03-5714-0392

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、

あなたの「働きたい」を応援しています。

*****************************