クルーの研修参加について

皆様、こんにちは(*^^*)

SAKURA池袋センターです。

 

週末は台風19号の影響により、

皆さまも不安な時間を過ごされたのではないでしょうか。

このたび被災された皆さまにはお見舞い申し上げるとともに、

一刻も早い復興をお祈り申し上げます。

一方で、13日にはラグビーワールドカップで日本が

決勝トーナメント出場を決めるなど嬉しい話題もありました。

このまま勝ち進んでいただきたいとクルー一同燃え上がっております。

 

 

さて、SAKURA池袋センターのある豊島区は、

支援者・事業所同士のつながりを大切にしている取り組みがあります。

その一つとして、豊島区障害者地域支援協議会

行われている研修会があり、

SAKURA池袋センターもこれまでケース検討での事例提供者や

グループワークでのファシリテーターなどをさせて頂きながら、

昨年度より研修プロジェクトチームに参加しています。

 

当事業所をご利用頂いている皆さまが

希望する職業生活を継続する為には、

SAKURAセンター単独では限界があり、

生活面や医療面のサポートをする関係機関との

トータルサポートが不可欠です。

様々な地域の支援者や支援者に限らず

地域を支えている多くの皆さまとつながりを持っておくことで、

いつでもその方にあった資源を提案できる状態に

しておく必要があると考えています。

目的はたくさんありますが、

多くの皆さまとつながる

自体を楽しんでやっているところもあります(笑)。

 

画像をクリック↓  ↓  ↓

  

 

 

 

10月1日・4日に行われた研修会では、

「つながり続ける支援、してますか?」というテーマで

支援者との関係を切らずにサポートしてきた事例を元に、

その経緯をたどりました。

「どのようにつながってきたか」

「つなげるために、何をしてきたのか」

「どんな意図でつなげたか」

つなぐ為の支援者の想いを聴きつつ、

困難さを感じた場面を参加者と振り返り、

アイデアを出し合うことで、

参加されている皆さんが実践に繋げることを目的としました。

 

ワールドカフェ形式のグループワークで

6グループが「支援者として人とつながるために大切にしていること」について

ワイワイと話し合い、フォーマル・インフォーマルを含めた

人との関わりや社会資源を出し合いました。

各グループの発表をし合うことで参加者全員の話を聴くことができ、

実際につながりを作る事ができ、

地域で抱えている課題を発見することもできました。

SAKURA池袋センターからは2名が参加し、

ファシリテーターとしてそれぞれのグループの意見交換の中心となり、

それぞれが沢山の方々とつながりを作る事ができました。

これまでも関わりの持たせていただいている支援機関の方々とは、

支援を通してであったり、

お互いの困り事の共有をして解決策を一緒に

考えたりさせて頂いておりますが、

これからも支援の質を高める取り組みをし、

つながり続けるために、

このような様々な支援機関や地域の方々との関わりを続けていきたいと思っております。

——————————————————————————————————

「SAKURA池袋センターをもっと詳しく知りたい!」
「通所されている方の体験談が気になる!」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
そんな方は『こちら』をクリック☆彡
(SAKURA池袋センターのチラシにリンクします)

お電話でのご連絡はもちろん、
インターネットからでも
お気軽にお問い合わせいただけます♪

インターネットからのお問い合わせは
下のさくらちゃん↓をクリック!!(お問い合わせフォームにリンクします)

それでは、次回のブログもお楽しみに(*^▽^*)

 

——————————————————————————————————

SAKURA池袋センターでは、随時見学受付をしています。
ぜひ、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ、見学にいらしてください!
クルー一同、お待ちしております!

お問い合わせは 03-3971-0133まで

就労の悩みや不安、就労移行ってどんなところ?等々
お気軽にお問い合わせください。

———————————————————————————————————