キャリアトラストでの就労

障がい者主体で働く場

就職先のひとつとして、
トラストに就職し「CVT事業で働く」という選択肢もございます。

CVTとは?

障がい者が主体となって、
毎日一歩一歩、着実にスキルアップしていく事業部です。

CVT(Creative Value Team)事業部は、グループ社内のデータ処理や庶務業務を中心に障がいをお持ちの方々が日々業務を行っている自社内に設けられたソーシャルオフィス部門です。
障がい者が主体となって、毎日一歩一歩、着実にスキルアップしていく事業部です。

業務を棚卸→切り出し→簡易業務化し、
障がい者向けにマニュアル化する事で同等の作業水準を実現

CVT事業部は、以前までは正社員・契約社員が行っていたグループ社内の業務を、棚卸→切り出し→簡易業務化し、障がい者向けにマニュアル化することにより同等の作業水準を実現しました。
コスト効率の高い事業部として現在では年間を通し外部受託業務もこなす障がい者主体の事業部となっています。

主な業務
  • データ入力業務
  • 梱包・発送業務
  • 封入・発送業務
  • 書類作成業務
  • ファイリング業務

仕事を続けていける体制の構築・仕組みの改善

「働きやすく」「成長できるオフィス環境」とは何か、
「仕事を続けやすい体制や仕組みとは何か」を常に考えて構築と改善をする。

「働きやすく」「成長できるオフィス環境」とは何か、
「仕事を続けやすい体制や仕組みとは何か」を常に考え続け、その構築と改善を行っています。
毎日出社することが目標だった方も、毎日仕事をすることが当たりまえになり、仕事を通して新たな知識や技術を手に入れ、スキルアップしています。
障がい者自身が社会のニーズに応えることができる実践的な働く場、障がい者の働きたい気持ちに応え、仕事を続けていける体制の構築・仕組みの改善を行っていきます。

定着してもらう取組みとサポートし合う環境

精神障がいをお持ちの方が多い事業部ですが、
休んでも体調を戻して復帰されています。

  • ポイント1休憩スペースの設置

    休憩スペースを設け、体調の悪いときや悩みのあるときはカウンセリングを常時行なっています。

  • ポイント2周囲とのコミュニケーションを図る機会

    1日の業務内容と作業を通して感じたことや目標達成率などを記した業務リポートを掲示するなど、仲間との交流の機会を設けています。

  • ポイント3リーダーのもと、チームベースで業務を遂行

    自分のペースで自主的にできる業務を増やしていくと同時に、チーム制を導入し、リーダーや仲間同士でサポートし合う環境をつくっています。

CVTセンターブログ

back to top