SAKURA山梨センター

ブログ

アロマを自分のものに

 

こんにちは!
急に涼しくなってきたので過ごしやすくなりましたね。
ただこんな時は油断をするとすぐに体調を壊してしまう時期でもあります。
今回はアロマオイルなど香りで自分を整える方法をお勧めしたいと思います。

先日、センターでの研修でもアロマについて調べて内容をまとめてもらいました。精神面にとても良い働きが多いアロマ(エッセンシャルオイル)が沢山みつかりましたよ。

次回のイベント研修ではアロマスプレー作りを行う予定なのですよ!

 

 

鼻から吸い込んだ香りはほんの数秒で脳へ届きます。
まずは脳の中でも「本能」に関わることをつかさどる大脳辺縁系のエリアへ、そして自律神経系やホルモン系の中枢である視床下部へと伝わります。脳が心地よいと感じれば、その先にある自律神経系やホルモンへも心地よさの信号が送られ、全身へと影響を与えます。

みなさまはどんな香りがすきですか?

 

 

「ラベンダーを嗅いだだけで気分が落ち着く」とか「ストレスが軽減して、なぜか身体も楽になった!」というのは、こうした脳への刺激によるものです。
ただし、100人の人がラベンダーの香りが好きでも、自分が苦手だったら脳は香りを喜びませんので、同様の効果が得られない可能性があります。
さらに香りは上記したように脳へダイレクトに伝わるので全身の調整を瞬時に行えるのですが、質の悪い合成香料などは反対に悪影響になりかねないのでアロマの精油は100%天然の植物由来にしましょう。

 

呼吸によって吸い込まれた芳香成分は、肺にも取り込まれています。精油は分子が小さいため、肺を形成する肺胞の毛細血管から血中に入り、血流に乗って全身へと運ばれます。
ペパーミントやユーカリなどスースーとした香りを吸い込むと呼吸が楽になり呼吸器に作用したりもします。

 

 

更に胃が痛い時にカモミール精油をお腹に塗布すると痛みが和らいだり、筋肉痛の部位にローズマリー精油を塗布すれば筋肉痛が軽減したりという塗布による作用もあったりします。

 

 

ただし、精油の原液は皮膚や粘膜への刺激になるため、何かしらの植物油に数滴を溶かし、希釈した形で使用することが推奨されます。
ここで「脳機能に対する影響」という側面から行われたラベンダーの精油の研究データをご紹介します。
ラベンダー精油は古くから殺菌や消毒などに利用されてきましたが、最近では、鎮静、ストレス抑制、睡眠促進作用など、多彩な有効性が客観的に明らかになりつつあります。実験の結果、ラベンダーの香りを程よく感じることによって脳機能を活性化する効果が期待でき、作業効率や集中力の向上にも有用と考えられます。

 

 

 

 

大事なのは植物由来の天然成分100%で、自分が心地よく感じる香りと効能のアロマを使うということです

 

アロマを上手に取り入れて自分の生活に活用していきましょう

 

 

 

 

★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆★♪☆

就労に関する事、就労の準備に関する事、生活リズムを整えたい方、
ご相談等のお問い合わせ、新規メンバー募集中!!
株式会社 綜合キャリアトラスト
SAKURA山梨センタ-
TEL:055-221-3918 (平日 9:00~18:00※休日:土日祝・年末年始)
FAX:055-221-3918
MAIL:sakura_yamanashi@socat.jp

ブログトップへ

back to top