OBインタビュー~就職から半年が経って~

夏の日差しが一転。雨が降り出しそうなぐずついた8月某日の夕暮れ。

記念すべきSAKURA富山センター就職第1号として、半年前に、大手小売店に就職されたOBのSさん(男性 30代)が久しぶりにセンターに来訪されました。

そこで今回は、Sさんの就労開始から半年の経過を記念して、SさんにSAKURAセンターでの日々と就労に励むご自身の現況について熱く(?)語っていただきました。

 

久しぶりです!!とても良い表情をされていらっしゃいますね。

 「(笑)。そうですか。自分ではわかりませんが、とにかく毎日元気に仕事に励んでます。以前センターで教えて頂いた通り、やはり元気が一番ですからね(笑)。」

 

(笑)。さて、本日はSさんの就労半年突破記念インタビューということで色々とお話を伺わせていただこうと思うのですが、改めてSAKURAセンターに通われたきっかけ・理由から教えていただけますか

 「私は精神の病気を長く患っていたんですが、“そろそろ社会復帰したい”と主治医に打ち明けた時に、“それならいきなり働くのではなく、まず社会復帰のためのリハビリをする必要がある。”と言われ、SAKURAセンターを紹介されたのが利用のきっかけです。」

 

Sさんは、もともと主治医の先生から長期のリハビリとしてSAKURAセンターへの通所を薦められたそうですが、結果、わずか5ヶ月で就職へと踏み切られましたよね。これだけの短期間で就労することに不安や葛藤はありませんでしたか?

  「正直ありました。当時は長い間、他人とコミュニケーションを取っていませんでしたし、病気の方も今ほど回復段階にありませんでしたので様々な部分でプレッシャーはありました。」

 

それでも、短期間での就労を目指されたのはなぜですか?

 「当時は様々な理由から、とにかく一刻も早く自立したいという思いが強かったんです。

また、SAKURAセンターを利用するうちに、少しずつ自信がついてきたというのもありました。」

 

自信といいますと?

 「主にコミュニケーションに関する部分です。自分の場合は長い間精神の病気を患っていたこともあって、他人とほとんどコミュニケーションを取ることがなかったので、就職するに当たってはそこが一番不安な部分でした。しかし、毎日、昼休憩時にクルーや他のメンバーの方々と楽しく話をするうちに、次第にコミュニケーションに対する苦手意識が薄らいでいき、以前のように人と話をすることに抵抗がなくなりました。そこが一番大きかったですね。」

 

なるほど。そうして、通所から3~4ヶ月が経った頃からいよいよ就職活動を開始されたわけですが、当初は苦戦されていたように思います

 「はい。応募して面接までは辿り着くことはできるのですが、いつも面接で落とされるというパターンでした。」

 

何が原因だったと思いますか?

 「自分の経歴、主にそれまでの職歴ですが、そこの部分の説明が上手にできなかったり、やる気を伝えるための元気が足りませんでした。 クルーの方からはそこを何度も指摘されたり、面接を受けるたびに振り返りを行い、その都度、的確な助言を頂き最終的に就職に結びつけることができました。・・・終いには某クルーからは“アントニオ猪木になれ!!”と言われたり(笑)。」

 

(笑)。

 「“元気があれば何でも出来る” と、“この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし・・・・”、 この2つの猪木さんのお言葉を教えて頂きました(笑)。」

 

(笑)。それで確か、1月の書初めの“今年のテーマ”で、「闘魂」と書いたんでしたよね(笑)。

 「いえ、“元気”です(笑)。さすがに“闘魂”と書く勇気はありませんでした(笑)。」

 

(笑)。さて、そうして見事、通所から5ヶ月での就職を果たされたわけですが、そんなSさんの現況を教えていただけますか?

 「仕事に関しては、接客、商品の陳列、清掃、ポップの設置などによる売り場作りなど、店舗での接客業務全般に従事しています。」

 

実際にSAKURAセンターで学んだことは職場で役立っていますか?

 「はい。まず、マナー研修で学んだ報告・連絡・相談、いわゆる“報・連・相”ですね。それを当たり前のこととして、欠かすことなく日々の業務の中で徹底できていることが大きいです。

また、特に役立っている、というか、SAKURAセンターに通って本当に良かったと思うのが、やはりコミュニケーションに関する部分です。先ほども言いましたが、SAKURAセンターでクルーやメンバーの方々が積極的に楽しくコミュニケーションを取り続けてくださったおかげで、上司や同僚、お客様などに対し職場で苦手意識を持つことなくコミュニケーションを取ることができています。もしSAKURAセンターに通わずに就職をしていたら、おそらく今のように職場の人たちとコミュニケーションを上手に取りながら仕事をすることは難しかったと思います。

そういう意味においてもSAKURAセンターでの日々は本当にリハビリになったと思います。

 

現在、就労を開始されて半年が経過しましたが仕事に関して、正直「しんどい」と思ったことや「辞めたい」と思ったことはありますか?

 「立ち仕事なので体力的にしんどいと思うことはあるかな(笑)。でも、それ以外にしんどいと思ったことや辞めたいと思ったことはありません。また、最近は服薬治療の効果もあって飲む薬の量も減っているので、体調的にもとても安定しています。」

 

素晴らしいですね。クルーとして、Sさんが充実した毎日を送っておられることを本当に嬉しく思います。

では、最後にお聞きしますが、今改めて振り返ってみて、SさんにとってSAKURAセンターで過ごした日々は何だったと思いますか?

「・・・うーん・・・復活への糸口?(笑)。・・・上手く言えませんが・・・(しばし沈黙)・・・、

“長い長い休息から再び走り出すために必要だった大切な準備運動の日々”

ですかね。」

 

素晴らしいです!!(笑)。では、その調子で最後にもう一つだけ。

現在センターに通所されている方や利用しようと思われている方へ、何かアドバイスがあればお願いします。

利用を迷っている方に対しては、自分で動かなければ絶対に何も変化は生まれない、ということ。現在利用されている方に対しては、本当に変化を望むならクルーや他のメンバーの方々との交流を大切にすること。そうすることで、私はたくさんのものを得ることができました。

 

ありがとうございました。今後ますますのご活躍を期待しています。

  「こちらこそ、ありがとうございました。」

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

SAKURA富山センターでは、随時体験・見学、そして障がいをお持ちの方の就労に関するお悩み相談等を受け付けております。

 詳しくは、株式会社綜合キャリアトラスト・障がい者就労移行支援事業所 

SAKURA富山センターまでお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

大反響につき“オープンデー”延長開催決定!!

8月を迎え、ここ富山でも猛暑となる日が続いており、いよいよ夏本番といった感じですね。

こまめな水分補給を行う等、充分な暑さ・熱中症対策を欠かすことなく、元気に夏を乗り越えましょう。

 

ということで、そんな暑さを吹き飛ばすべく8月イベントのお知らせです。

 

この度、SAKURA富山センターでは、7月に開催いたしました「SAKURAオープンデー」の大反響をうけ、急遽、「SAKURAオープンデー」を8月に延長開催致します!!

 

 

 

7月の「SAKURAオープンデー」ではたくさんの方に来場いただき、

研修風景を見学された方や、実際に研修を体験された方から

「これを機会にパソコンのタッチタイピングを身につけたい。」

「今後の就職活動に向けて貴重な経験になった。」

など、たくさんの嬉しいお言葉をいただきました。

 

7月同様、事前予約不要、期間内何日でも参加可能、時間内出入り自由、服装自由などなど、

「SAKURAオープンデー」では、気軽に楽しく、SAKURA富山センターを見学・体験いただけます

 

また、

「そもそも就労移行支援事業所って何するところ?」といった素朴な疑問から、

「働くことに自信がない・・・。」といった不安、

パソコンやビジネスマナー、コミュニケーション能力など就労に必要なスキルの取得等、

クルー一同、就労に関するみなさんの疑問や不安の解消に努めさせて頂きます。

 

前回不参加だった方はもちろんのこと、前回参加された方も、ぜひ何度でも

就職に向けて実りあるお時間を、SAKURA富山センターで気軽に楽しくお過ごしください。

 

SAKURA富山センターでは、随時体験・見学、そして障がいをお持ちの方の就労に関するお悩み相談等を受け付けております。

 

詳しくは、株式会社綜合キャリアトラスト・障がい者就労移行支援事業所 

SAKURA富山センターまでお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

夏季休業のお知らせ

SAKURA富山センターよりお休みのお知らせです。

SAKURA富山センターでは、夏季休暇に伴い、

下記の期間を休業期間とさせていただきます。

 

夏季休業期間: 8月11日(木) ~ 8月16日(火)

 

なお、休業期間中のメール等によるお問い合わせに関しては、

通常業務開始の8月17日(水)より対応をさせて頂きます。

 

何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。