講師を務めました

SAKURA新宿センター就労支援員の渡辺です。

 

先日、東京ジョブコーチ支援室様(東京都独自のジョブコーチ(職場適応援助者)派遣事業を行なっている事業所様)での事例検討会で講師を務めさせていただきました。

 

「支援機関から見たジョブコーチ支援」というテーマで、現場で一緒に支援を行なったジョブコーチさんと一緒に、実際にジョブコーチとして現場で活躍されている方々向けに話をさせていただきました。

 

SAKURA新宿センターから就労された方の定着支援でジョブコーチ制度を利用し、その際の就労支援機関様との連携の取り組みに評価をいただきました。

 

第一線でジョブコーチとして活躍されている方々に話をするのはとても緊張するところでしたが、支援機関同士の連携の大切さを軸にして話をしました。

 

皆様が熱心に頷きながら聞いて下さり、最後には「良かった」とお声を掛けていただき、私としても大変光栄に感じるところでした。

 

障がいをお持ちの方が就職し働き続けていくためには、企業様や就労支援機関様との情報共有や協力・連携は欠かせないものであり、重要なポイントであると考えております。

 

今後とも、関係機関の皆様にはご協力をお願いする場面が多々あるかと思いますが、是非お力添えを頂ければと考えております。

 

今後ともSAKURA各センターをはじめ、綜合キャリアトラストをよろしくお願いいたします。