SAKURA長野センターを利用して

私は障害者としての就職活動を具体的にどのように進めたらいいか分からなかったので、通っていた病院のケースワーカーさんに勧められて、長野市の就労移行支援事業を利用することにしました。その際に相談施設の支援員さんと一緒にいくつかの事業所を見学し、軽作業ではなく事務に特化したSAKURA長野センターが良いと思い、通所することに決めました。

私はある程度の長さの期間の社会人としての経験がありましたので、マナー研修やPC研修につきましては、新たに学ぶというよりは、学び直しや復習という感じでした。JP(就労)研修やLP(生活)研修は実戦的で大変為になりました。

また、退職後は一人でいることが多かったので、メンバーやクルーの皆様とのそれぞれとの関わりが楽しかったです。

皆様に一つだけお薦めしたいことがあります。それは個人的に目標を持ち、それに締め切りの期日を設けることです。目標の内容は何でもいいです。小さなことでいいです。私が勝手に思っていることですが、人間は重要でなく面倒くさい物事を先延ばしにしがちです。逆に締め切り近くになると危機感から驚異的な力を発揮することがあります。目標に期日を設定して、達成するために必要なことを列挙して、どのようなスケジュールで実施すれば目標を達成できるか逆算し、取り組んでみましょう。あくまで個人的な締め切りなので遅れてしまっても他人には迷惑が掛かりません。ただ、どうして達成できなかったか理由を考えて、次につなげましょう。わからないことは調べてもいいですし、クルーの皆様も助けてくれると思います。これを繰り返して、目標を一つ一つ達成していけば、できることが増えていくと思います。

最後に、この度、皆様のおかげで就職を決めることができました。10ヶ月間センターで学んだことを活かして頑張って行きたいと思います。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。本当にありがとうございました。