SAKURA蒲田センター

志望動機の考え方

求人に応募するとき、履歴書や職務経歴書で志望動機を書いたり、面接などで「志望動機を聞かせてください」と言われたりすることがほとんどです。

 

なぜ、志望動機を求められるのでしょうか?

会社側は、しっかり働くことができるのか、求めている仕事がきちんとできるか、なぜ数ある会社の中でうちの会社を選んだのかについて知りたいところです。

 

今回は、志望動機のまとめ方についてお伝えしていきます。

 

志望動機とは

応募した企業でなぜ働きたいのかを伝える項目です。
企業の採用担当者は、応募者から志望動機を聞き、確認することによって、自社への理解度や入社意欲の高さを見極めたいと考えています。

 

採用担当者が「この応募者と一緒に働きたい」と思うような志望動機が伝えることができるよう、準備をしましょう。

 

志望動機の作成時のポイント

① 自己PR

志望動機を考える上で、話の軸になるものは自己PRです。
以下の内容をまとめることで自己PRになります。

・自分が一番アピールしたいこと
・自分の長所や得意なこと
・長所や得意なことを活かすため、又は短所や苦手なことを補うために工夫したこと。
・結果としてどうなったか、それらを仕事にどう活かして、どうなりたいか

 

② 職務研究

会社の方は、応募書類や面接の中で、「その求人に書かれている仕事ができるかどうか」ということを一番見ています。

その仕事がどのようなものか知っているか、
実際にできるのかどうか、
どのような能力・スキルが求められているかを知っているかを応募書類や面接で見ています。

 

③ 企業研究

たくさんの会社があり、たくさんの求人が出ている中で、
「なぜこの会社を受けようと思うのか」ということをしっかり考える必要があります。

会社のホームページや企業見学、実習、求人票などをしっかり見たり聞いたりして
「自分がその会社で働きたいと思う理由」を明確にするようにしましょう。

自己PR+職務研究+企業研究をまとめることによって志望動機ができると思います。
それだけでは、なかなかまとめ方がよくわからない方もいると思うので、志望動機のまとめ方をお伝えしていきます。

 

志望動機のまとめ方

① 自分が一番アピールしたいこと(仕事で活かせること)
② 自分の長所や得意なこと
③ 長所や得意なことを活かすため、又は短所や苦手なことを補うための工夫したこと
④ 結果としてどうなったのか、それらを仕事にどう活かしてどうなりたいか。
⑤ その会社に入りたい理由
⑥ 会社で今までやってきたこと、経験をどう活かしていくのか、貢献していくのか

 

①~⑥までをうまくつないで文書として作成してみましょう。
まずは箇条書きでいいので伝えたいことを書きだしてみると作成しやすいですね。

 

みなさんが志望動機を作成する際に、今回の内容を参考にして、自分が働きたい!と思った会社へ上手にアピールできるとよいですね。

トップへ

back to top