SAKURA蒲田センター

5Sについて

皆さんは自分が働いている職場の環境を考えたことはありますか?
ちなみにここで指す環境は福利厚生や雰囲気といったものではありません。
職場が整理整頓されているのか>という部分に着目して話を進めていきたいと思います。

 

〇5Sとは

 

5Sという言葉は聞いたことありますか?
5Sとは職場を管理することに重要な「整理、整頓、整頓、清潔、しつけ」の日本語ローマ字表記の頭文字をとったものになります。

 

・整理:必要な物と不必要な物を分け、不要な物を捨てる
・整頓:必要な物がすぐに取り出せるように置き場所、置き方を決め、表示を確実に行う
・清掃:掃除をして、ごみや汚れのない状態にすること
・清潔:整理・整頓・清掃を徹底して実行し、汚れのない状態を維持すること
・しつけ:整理、整頓、清掃、清潔の決められたことを習慣づけること

 

〇5Sの特徴

① 5Sとは当たり前のことを当たり前に実行すること

5Sとは「使用したものは必ず元の位置に戻す」「ごみはゴミ箱に入れる」等の
当たり前のことを毎回きちんと行うことが重要と考えます。

② 5Sがその職場への帰属意識を表す

5Sはその職場への帰属意識を反映しています。職場への帰属意識の高さが5Sにあらわれるのです。

③ 5Sが職場の管理レベルを表す

5Sは職場の管理レベルもあらわしています。
管理に必要な情報がすぐに取り出せる、分かりやすい状態になっているという状況に徹底できていることが必要です。

④ 5Sは習慣化し、定着されることが大事

5Sは習慣化し、定着化して本物です。

⑤ 5Sは全員参加と率先して行うことが基本

5Sはひとりだけで行っていても、継続することができません。
職場にいる全員が行い、そして乱れていた場合は全員が率先して、元に戻す姿勢がとても重要になります。

 

まとめ

整理整頓というのは書類やデータ、物が多い職場にとっては当たり前でありながらも、とても難しいものです。
しかし、<書類がどこにあるのかわからない><データがたくさんありすぎてすぐに見つけることができない>という状況が続いてしまうと、探すことに多くの時間を要してしまいます。

5Sはこれらの時間を短縮し、すぐに取り出せるようにします。
すぐに取り出せることによって、探す時間を短縮、しいて言えば、その職場全体の作業効率を上げることができます。

 

さいごに

最初は整備され、習慣化されるまで少し大変かもしれませんし、大勢で使用しているものに関しては、きれいな状態に保つのはなかなか難しいかもしれません。
しかし、5Sをしっかりと定着されることによって、会社の生産効率に貢献し、更なる売り上げに貢献することができます。
5Sはコスト意識としてもとても重要なことなのです。

こんな生産性を上げる方法も就労移行支援事業所なら学ぶことができますよ♪

トップへ

back to top