SAKURA蒲田センター

就労者の声

みなさま、こんにちは。

職業指導員の小松です。

 

 

秋の気配を感じられる気持ちの良い日が続いていますね。

寒暖差の激しい季節でもありますので、体温調節など十分お気を付けてくださいね。

 

 

 

さて、今回は人材派遣会社の事務補助として就職されたKさんの「就労者の声」をお届けいたします!!

 

 

6年前、半年間通所をしやりたい仕事にこだわり経験のあった専門職で就職をしましたが、自分の障害の特性や自己理解を深めていなかったため、働いて2年半でストレスなどが原因で体調を崩し、前職をやめました。そしてSAKURA蒲田センターに通所することにしました。

今回目標に掲げたのは、就職した後も長く働けられるようにストレス対策や自己理解を深めることでした。色々なカリキュラムや作業を通して自己理解を深め、セルフケアシートを用い職員の方との報連相で体調の変化やストレス対処の方法を一緒になって考えてもらいました。

しかし、いざ就職活動を始めるとこのコロナ禍で活動方法も一変しそれについていけず体調を崩し一時就職活動をストップすることになりましたが、短時間でも毎日通所することで復調した時には大きな自信となりました。

その経験から、自分は障害の特性的に近距離で通える所なら長く働けるのではないかと思い求人はなるべく家から近距離の所を探し、企業見学を繰り返し行い、自分に見合った企業に出会えて今回就職することが出来ました。

約2年間SAKURA蒲田センターに通所したことは、今後の人生において価値あるものになると思っています。これからは、一日でも長く働くことを目標にして一日一日を大切に過ごしていきたいです。

 

 

Kさんは、真面目で優しく、気が利く方でメンバーさんからも信頼されていらっしゃいました。

就職活動をしながら、受注作業にも参加され、忙しい毎日でしたが見事内定を勝ち取られました!

 

今後は、SAKURA蒲田センターも定着支援としてお手伝いしてまいります。

 

本当にご就職おめでとうございました。

 

 

 

 

トップへ

back to top