SAKURA池袋センター

【秋編】旬の食べ物を食べて元気をつけよう!

 

皆さんは日ごろ、旬の食べ物を意識して摂っていますでしょうか?

旬というのは、その食材が1年の中で1番おいしい時期の事で栄養も多く含まれ、比較的安価でもあります。

 

日本では昔から旬のものを食べて季節を感じ、その時季に必要な栄養を摂って暮らしてきたようです。
今は、様々な技術の発展により1年を通して食べられるものもたくさんあり、便利でとてもありがたいことです。
私も日々その恩恵を受けておりますが、時々は旬のものを食べることで季節を感じてみるのはいかがでしょうか。

今回は秋が旬の食材を紹介します。

・さつまいも
・里芋
・ごぼう
・なす
・さんま
・秋鮭
・柿
・栗
・しめじや舞茸などのキノコ類も秋が旬のものが多い

などなどです。

 

さつまいもを使ったレシピのご紹介

さつまいもサラダ

【材料】

【作り方】

引用:https://ofuiku.jp

 

秋は、「スポーツの秋」「勉強の秋」「食欲の秋」といった言葉があるように、何をするにも過ごしやすく快適な季節ですが、夏の疲れが残っていたり季節の変わり目だったりなどで体調を崩す場合もあります。
あまり聞き慣れないかもしれませんが、「秋バテ」という言葉もあります。

仕事をする上で体調管理はとても大切です。
旬のものを食べておいしい秋を堪能し、元気をチャージして、爽やかな秋を快適に過ごせたらと思います。

 

SAKURAセンターでは、生活カリキュラムで睡眠や食事について振り返るカリキュラムも行っています。
ご興味のある方は体験してみてください。

トップへ

back to top