SAKURA池袋センター

就労移行支援とは


People illustrations by Storyset

 

一般就労を希望する障害のある方に対して就労に関する支援を行います。
障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスの一つです。
就労に必要なスキル向上のための訓練や就職活動のサポート、就職後の職場定着のサポート等を行います。

 

対象者

企業等への一般就労を希望する65才未満の障害のある方。
※障害者手帳をお持ちでない方も利用できます。

 

利用期間

原則2年間

 

利用料

自己負担なしで利用している方が多いですが、前年度の収入によっては利用料がかかる場合があります。

 

利用までの流れ

見学

見学をして事業所の雰囲気や実際のカリキュラム内容を確認します。

体験

実際に体験をしてみて、自分に合っているか検討します。

申請

利用するためには、障害福祉サービス受給者証が必要です。お住いの市区町村で申請をします。

利用契約

受給者証が発行されたら利用契約を行い、利用開始となります。

 

サービス内容

就職に必要なスキル向上のための訓練

事業所によってさまざまなプログラムがあります。

就職活動のサポート

職場見学や企業での体験や実習、適正にあった職場探しなどをサポートします。

就職後の職場定着のサポート

支援員による面談や職場訪問等を行います。

 

▼ SAKURAセンターでの利用~就職までの流れ

その他の障害者総合支援法に定められた就労系の障害福祉サービス

 

就労継続支援A型

企業等に就労することが困難な障害のある方に対して、雇用契約に基づく生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行います。

 

就労継続支援B型

通常の事業所に雇用されることが困難な就労経験のある障害のある方に対し、生産活動などの機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行うサービスです。

 

就労定着支援

一般就労へ移行した障害者が働き続けることができるよう、指導・助言、企業・事業所や家族との連絡・調整などを行います。

(WAM NETより引用)

トップへ

back to top