秋の体調管理

皆さんこんにちは。

SAKURA横浜センター生活支援員の小松です!

 

最近は天気も落ち着いてきてゆったり過ごしやすい季節になりましたね。

 

 

さてさて皆さんは「秋バテ」という言葉ご存知ですか?

 

聞いたことがないという方も多いと思います!

私も今年まで聞いたことがありませんでした‥

 

 

「夏バテ」はとても馴染みのある言葉ですよね。

 

しかし、今の季節に「秋バテ」というものが存在するのです…。

朝は肌寒く、日中は暑い、夜はまた冷える…

 

まさしく今のような季節は秋バテになりやすいのです!!

 

 

・食欲がない

・疲れやすい

・体がだるい

・めまいがする

・夜なかなか寝ることができない

・朝起きられない

・肩こりがひどい

 

などの症状があります。

 

思い当たることがあった方は十分に注意してお過ごしくださいね。

 集まってお弁当を食べる人たちのイラスト(スーツ)

 

 

秋バテ予防としては・・・

 

①  まず食事は、温かいものを積極的に摂ること。ショウガやシナモンのほか、ニンジンやネギといった根野菜など体を温める食材を選ぶとよいそうです。

また、ビタミンB群には疲れをやわらげる働きがあり、豚肉や納豆に多く含まれています。

 

 

②  入浴の際は、眠る2時間ほど前に38~39℃のぬるめのお湯にゆっくりとつかることです。

血行を良くし、心身がリラックスモードに切り替わり、体力や胃腸機能の回復を助けてくれます。

 

 

③  最後に就寝時ですが、暑さがやわらいでいれば冷房は使わず、代わりに首や後頭部を水枕や保冷剤で冷やせば寝苦しさも解消できます。

また、寒さで朝方目を覚まさないためにも、長袖のパジャマの着用や、毛布を準備しておくと安心です。暑さによる疲れを解消してくれる効果があります。

 

 

始められることも多いですのでぜひ皆さんも試してみて下さい。

 

 

体があってこその就労ですので、働くためにも体調管理は非常に大事になってくるのです。体調管理も仕事のうちですね!

 

 

このように生活に関するカリキュラムも横浜センターでは行っています。

 

 

 

今回は秋バテについてご紹介させて頂きましたが、他にも働く為のカリキュラム体験や施設見学をいつでも実施しております。また、ご家族や支援者様だけのご参加も受け付けております。

 

 

これから就職をお考えの方、就職活動中の方、就労移行支援について知りたい方、また就職に自信が持てない方、どのようにすればいいのか悩んでいる方、いつでもご相談下さい。

 

 

〈〈ご見学/お問い合わせ〉〉

受付:045-450-1330

 

それでは横浜センター一同、多くの方と皆様とお会いできる日を楽しみにしております。