事務補助の実践

 皆さん、こんにちは!生活支援員の篠塚です。
昨日は最高気温が20℃を超えていたようです。「4月でこの気温ならば、今年の夏はどうなってしまうのだろう」と、暑さに弱い私は今から怯えています…。皆さんは、暑さには強い方ですか?

 

 前回のブログでは、実際の職場のルールに応じたものをSAKURA横浜センターでも取り入れているとお伝えしました。

実はルールだけでなく、実際のお仕事を想定した“事務補助”も利用者様に実施して頂いています。

今回は、その事務補助の中の1つ、“備品チェック”をご紹介させて頂きます。

 

 センターでは常に使う備品があります。例えば、コピー用紙や複合機のインク、掃除に使用するウエットペーパー、ゴミ袋等です。

これらの在庫があるか、確認をしてもらうのが備品チェックです。基本、2人ペアで行い、チェックが終わった後は職員へ報告して頂きます。

職員も安心して備品チェックをお願いしており、本当に助かっています!

 

 

よくある事務補助だから慣れて頂く、という理由で実施していますが、他にもこういったことを目的にしています。

 

① コミュニケーションの向上
② 報告・連絡・相談の練習

 

 この2つのスキルは職場で求められるスキルとして、挙げられることが多いです。
苦手だ…と感じる方もいらっしゃると思いますが、心配はご無用です。職員が方法やコツを丁寧にお伝えさせて頂きます!一緒に練習してゆっくりと、着実に身につけていきましょう!

 

 今回は事務補助のお仕事の1つとして備品チェックをお伝えさせて頂きました。SAKURA横浜センターでは他にも実践練習を行っています。皆さんも練習をして、働くためのスキルを身につけてみませんか?少しでも気になった方はお気軽にご連絡ください!

 

 

 

これから就職をお考えの方!就職活動中の方!就労移行支援について知りたい方!

また就職に自信が持てない方、どのように就職活動を進めていけばよいのか悩んでいる方!いつでもご相談下さい。

また、ご見学やご体験も受け付けております。

《ご見学/お問い合わせ》
受付:045-450-1330

それではSAKURA横浜センター一同、皆様とお会いできる日を楽しみにしております!