☆コミュニケーション研修☆

こんにちは。SAKURA山梨センターの秋山です。

今回はマナー研修で行った「アクティブリスニング」についてお話しさせていただきます。

アクティブリスニングとは、コミュニケーション技法のひとつで「積極的傾聴」のことです。「積極的傾聴」と聞くと少し難しいもののように感じるかもしれませんが、実はすぐに実行できることがあります!その中でもすぐに挑戦できるものをいくつかご紹介致します。

○表情・・・相手の話の内容に合わせて

     笑顔や困った顔などをつくることで共感を示す
○姿勢・・・体ごと相手の方を向き

     相手が話しやすい雰囲気をつくる
○相槌をうつ・・・相手の話しを聞きながら相槌をうち

        聞きたいという気持ちを表す

まずはこの3つをやってみてください!きっと相手の反応が変わるはずです。

コミュニケーションとは一方的にたくさん話すことを指すのではありません。「聞き上手」であることもとっても大切です。お互いが気持ちよくお話しできるように、ぜひ聞き上手を目指してみましょう。

SAKURA山梨センターでは、実践的なコミュニケーションスキルを高めるための研修を数多く行っています。
ぜひお気軽に研修の詳細をお問い合わせください!
ご家族の方がご一緒に見学や体験をしていただくことも大歓迎です!