夏バテ、熱中症予防について

 

皆さん、こんにちは。雨があがり、いきなり暑くなりました。本格的な夏がやってきそうです。

急な暑さにより、体温調節機能が追いつかず食欲がない、だるいといった症状が出たら経度の熱中症になっている可能性があります。

急激に暑くなった時は体がまだ暑さに対応できていないので、屋外での作業や、室内でもエアコンを上手に使い対応しましょう。

 

熱中症のセルフケアについてお話させていただきます。

 

・十分な睡眠をとる

・適度に汗をかく運動をする

・バランスのよい食事をとる (消化の良い食べ物や、塩分をしかり補給できる食事、ビタミンB群)

・こまめに水分補給をとる

・スポーツドリンクや、コップ1杯(200ml)に塩をひとつまみ(0.2g)の塩を入れて飲む。

 

熱中症を予防する食材ランキング

1位「豚肉」

 

 豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は不足してしまうと糖質をエネルギーに変えることができず、疲労や倦怠感につながってしまいます。

2位「納豆」

 

納豆の原料、大豆はビタミンB1を含み、汗とともに失われてしまうカリウムが豊富です。発酵することで栄養素の吸収もされやすく、腸内環境を整え体調管理にも一役買ってくれます。カルシウムやマグネシウムといった汗と一緒に流れてしまうミネラルも補うことができるので、熱中症予防におすすめです。

3位「モロヘイヤ」

 

 夏が旬の野菜で栄養価が高いモロヘイヤ。大量の汗をかくと、カリウムが汗と共に失われてしまいます。モロヘイヤにはそのカリウムが豊富に含まれていて、他にもカルシウムや鉄といったミネラルや造血のビタミン葉酸も野菜の中でトップクラスの含有量を誇っています。

他にも、枝豆、梅干、にんにくも熱中症予防にも効果的な食材です。積極的にとるようにして熱中症にならないようにしましょう。

今から暑い日が続きます。

今後の仕事に対して考えている方は、センターでスキルアップしてみませんか?

センターではPCが一人一台あり、空調環境も整っています。

PCを本格的に学びたい、マナー面でもう少し自信をつけたい、コミュニケーションが苦手なので克服したい。という希望がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―

就労に関する事、就労の準備に関する事、

ご相談等のお問い合わせ、新規メンバー募集中!!

 株式会社 綜合キャリアトラスト

SAKURA山梨センタ-

TEL:055-221-3918 (平日 9:00~18:00※休日:土日祝・年末年始)

FAX:055-221-3918

 MAIL:sakura_yamanashi@socat.jp

 ―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~