☆作業研修について☆

こんにちは。SAKURA山梨センターの秋山です。
一気に寒くなり、朝は気温が一桁の日も出てきましたね。我が家では衣替えを終え、こたつも冬用の毛布も登場しました。朝起きるのが辛い時期になりましたが、朝食で暖かいものを食べ、身体を温めることで朝から元気に動きだせるようにしています!

 今回はSAKURA山梨センターで行ないました、作業研修についてお話しをさせていただきます。
今回は架空の住所や名前のリストを使い、宛先のラベル作成のためのデータ入力と封筒にラベルを貼る作業を行いました。チームで行う作業なので、声をかけ合いお互いの進捗状況を確認し合いながら進めることが大切です。PCの作業を始めるとどうしても手元の作業に集中してしまい、チームの作業と言うことを忘れてしまいがちですが、リーダーが積極的に声をかけて回ることで全員で協力して進めることができていました。
この作業研修は、作業のやり方や集中力を身につけるためだけに行っているのではありません。単純な入力作業だけでは身に付かないコミュニケーションスキルや報連相などのビジネスマナー、助けてもらったらお礼を言うことなど、様々なトレーニングを同時に行うことを目的としております。その分負荷もかかる研修になりますので、クルーの人員を増やし、声かけも多めに行っております。

SAKURA山梨センターでは、職種関係なく就労後に必要なスキルを身につけていただくため、様々なシチュエーションを想定した研修を行っております。もちろん、わからないことはその場で質問にお答えします。それでも不安な方や質問をしそびれてしまった方には研修後に個別対応を行い、疑問を疑問のまま終らせることのないようにしております。

ぜひお気軽にマナー研修の詳細をお問い合わせください!
ご家族の方がご一緒に見学や体験をしていただくことも大歓迎です!