☆感情のコントロール方法について☆

 

 

 

皆様、こんにちは。
SAKURA山梨センターで生活支援員を担当しております、前嶋です。
最近は台風による被害が出たり、暑い日が続いたりと、天候が不安定ですね。体調を崩しやすいのでお気を付け下さい。

さて、今回は、以前研修で行った、「感情のコントロール方法について」少しお話していこうと思います。

私たちは日々、どんな時も感情を抱きながら考え、行動しています。しかし感情のままに行動していては、大人の振る舞いとしてふさわしくないとされてしまいます。うまく感情を抑えて行動していかなければなりません。

そもそも感情とは何のためにあるのでしょうか?
感情は、人を行動させるためのものとされています。感情がなければ、私たちは常に理論的に行動しなければなりません。
例えば、野生の熊と遭遇した際、「怖い!危険!!」という感情が瞬時に働き、逃げるという行動へ繋がります。しかし「怖い!危険!!」という感情を抱けなかった場合、
①熊がいる
②肉食で大きい
③人間が食べられる
④襲われる
⑤危険
⑥逃げなければならない
などと理論的に逃げる理由を考えなければなりません。そんなことをしている間に熊に襲われてしまいますね。よって、感情があることで反射的にどう行動しなければならないかを判断しているのです。

こう考えると、感情はなくてはならないものであるとわかります。
今自分がどのような感情を抱いているのかを自覚することで、その出来事が記憶にも残りやすくなります。幸せな感情を抱いている時に自覚を多くして、幸せな記憶が数多く残るようにしていきたいものですね。

SAKURA山梨センターでは他にも、就職に役立つ研修はもちろん、日々の生活にも役立つ研修を行っております。一度、見学に来てみませんか??
ご連絡、お待ちしております!!

 

 

 


―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―
就労に関する事、就労の準備に関する事、
ご相談等のお問い合わせ、新規メンバー募集中!!
 株式会社 綜合キャリアトラスト
SAKURA山梨センタ-
TEL:055-221-3918 (平日 9:00~18:00※休日:土日祝・年末年始)
FAX:055-221-3918
 MAIL:sakura_yamanashi@socat.jp
 ―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―~―