七夕の飾りつけ

「早稲田で障がいをお持ちの方の就職をサポートしています

 就労移行支援事業所 SAKURA早稲田センターの近藤です。」

 

皆様、こんにちは!

今週末、土曜日は七夕ですね。東京は残念ながらあいにくの空模様のようです。

本日は、カリキュラムの中で行った七夕の飾りつけの様子をお伝えいたします。

 

カリキュラムでは、七夕に関する知識や七夕や季節の食事などに関わる食育のお話しなどを交えながら、メンバーさんとクルーとみんなで協力しながら七夕飾りを完成させていきました。

また見学に来られていた方が大変興味を示され、飛び入りで飾りつけ作成を一緒に行ってくれました。

 

大きな七夕飾りが出来上がりました!!飾りができたあとは、皆で短冊に願い事を書きました。

  

梅雨も明けて夏もスタート!ダイエット関連が多いですね。

 

ちなみに、七夕の日に食べる行事食は、「そうめん」だそうです。

七夕の行事食が「そうめん」である由来は、

77日に亡くなった子供が鬼となり、厄病を流行らせました。それを鎮めるために、その子供が好きだった索餅(さくべい)という小麦料理を供えたところ、厄病の流行が治まりました。それからというもの1年間の無病息災を祈願して、77日に索餅が食べられるようになり、やがてこの索餅がそうめんに変わり現在に至っている。≫

という説があります。(諸説あり)

そのほかにも、

◎そうめんが天の川に似ているから

◎そうめんが織姫の織り糸に似ているから

など、色々な説はあるようです。

 

夏にはついつい食べ過ぎてしまう『そうめん』ですが、食べ過ぎには注意しながら、しっかりと願い事に向かって頑張っていきたいと思います。

 

SAKURA早稲田センターでは、

個人ととことん向き合い、自分だけの働き方が見つけられるプロサポーターが、皆さんの一緒に、“笑い”、“悩み”、“立ち止まり”、“見つける”伴走者としてかかわって参ります!

 

SAKURA早稲田センターでは、随時見学・体験受付をしています。

発達障害に限らず、適応障害、うつ、不安障害、強迫性障害など困り感をお伝えください。

 

早稲田センターでは、随時、見学体験を受付しております!

また、7月以降も随時沢山のイベント開催も予定しておりますので、

お気軽にお問合せください。

クルー一同、お待ちしております!

 

------------------------------

 

■障害者就労移行支援事業所

 SAKURA早稲田センター

≪交通≫

東京メトロ東西線  早稲田駅 徒歩10

東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 徒歩10

 

 TEL03-5206-3531

 FAX03-5206-3532

-------------------------------