障害者雇用の面接対策ってどうすればいいの?就労移行支援事業所の支援員が教える3つのポイント

こんにちは。SAKURA上野センターの野田です。

 

今回の記事では、障害者雇用での面接対策についてお伝えしたいと思います。

 

就職するにあたって避けては通れないのが、面接です。

一般的な雇用でもそうですが、障害者雇用でもほとんどの企業では面接試験があります。

 

面接室に通されて、履歴書を渡して、面接官から質問を受ける……

そんなイメージがあるかと思います。

 

いかがですか、皆様。緊張しませんか。

多くの皆様は面接となるととても緊張されますので、ご心配不要です。

今日お伝えしたいのは、そんな中でもしっかり面接官の心を掴むためのポイントです。

 

1 自分の障害をしっかり理解しておくこと

2 会社に配慮してもらいたいことを伝えること

3 支援員としっかり打ち合わせること

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1 自分の障害をしっかり理解しておくこと

 

障害者雇用での面接では、必ずと言っていいほど「あなたの障害について教えてください」という質問を受けます。

面接官も、採用したい人がどういう特徴のある方なのかを知っておきたい、ということですね。

この質問でしっかりと自分の障害についてお伝えできれば、「自分のことをしっかり理解している方だな」という印象になり、面接官に安心感を与えることにつながります。

 

ここで注意したいのが、面接官への伝え方です。

例えば

「雑談をするのが少し苦手ですが、報告・連絡・相談はしっかりできます」

など、ポジティブな言葉を最後に持って来ることができると良いでしょう。

 

 

2 会社に配慮してもらいたいことを伝えること

 

続いて準備しておきたいのが「会社に配慮してもらいたいこと」です。

障害者雇用では、障がいのある方が働く上で、勤務時間や日数、環境など会社から配慮して頂けることがあります。

面接でも「就労にあたって何か配慮することはありますか?」と聞かれることが少なくありません。

こうした際に、事前にお願いしたいことを準備していると、スムーズに受け答えをすることができます。

 

「大きな音が苦手なので、イヤーマフを使わせていただけますでしょうか」

「新しい環境では疲れやすいので、慣れるまでは短時間勤務をさせていただけますでしょうか」

 

など、色々なことが考えられます。

 

 

3 支援員としっかり打ち合わせること

 

3つ目のポイントは、なかなかなじみがないかもしれません。

実は、障害者雇用の面接では、支援員の方が同席する場合が多いのです。

特に就労移行支援事業所に通所していると、普段から相談している支援員が面接に同席することが多く、とても心強いものです。

この支援員と、

 

「こんな質問をされたらこんな風に答えましょう」

「困ったときはこちらを向いてください。私がサポートしますね」

 

という形で事前にお話しておくと、当日安心して面接に臨むことができます。

 

 

以上3つのポイントをしっかり押さえていれば、内定もグッと近くなると思います!

 

SAKURA上野センターでは、障がいのある方々への就労支援をしております。

今日お伝えした3つのポイントについて、さらに深いところをお伝えすることもできます。

11月にはオープンウィークというイベントも企画しておりますので、ぜひお気軽にお越しくださいませ。

 

 

また、SAKURAセンターは上野だけでなく、首都圏・甲信越を中心に多数展開しております。

お住まいの地域にもSAKURAセンターがあるかもしれません。こちらからご覧ください。

 

------------------

SAKURA上野センターでは、随時見学受付をしています。
ぜひ、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ、見学にいらしてください!
クルー一同、お待ちしております!

お問い合わせは 03-5807-0070 まで

就労の悩みや不安、就労移行ってどんなところ?等々
お気軽にお問い合わせください。

------------------