一般企業?特例子会社??障害者の働き方

皆さんこんにちは。SAKURA上野センター植田です。


2月もあと少しですが、まだ寒い日が続きますね!
通勤中、大きな池のある公園の横を通るのですが
池にいるカモ達は寒くないのかな~と毎朝心配しております。
私がカモだったら、池から飛び出しちゃいそうです。

 

 

 

さて、今日のブログでは『障害がある方の働き方』についてお話ししたいと思います。

 

 

 

障害がある方が働く場合、以下のような選択肢があります。

 


①障害を伝えず“一般企業”で働く
②障害を伝え“一般企業”の『障害者枠』で働く
③主に障害者を雇用し、支援員も常駐している“特例子会社”で働く
④訓練をしながら自分のペースで働く“就労継続支援事業所”へ行く

 

 

働く、と言っても様々な種類がありますね。

 


①の障害を伝えず“一般企業”で働いた経験はあるけど、
自分の体調や苦手な事に対して周りから理解が得られず
自分って働くのに向いてないんじゃないか、
その経験があるから、
また働きたいけどなかなか次の一歩が踏み出せない…
なんて方いらっしゃいませんか?

 

 


そんな方はぜひSAKURA上野センターに相談をしてください。

 

 

②の『障害者枠』であれば、自分の障害を周りに伝える事ができ、
無理のない範囲で働く事ができたり、
③“特例子会社”であれば、障害や働き方について相談ができる
支援員が会社にいるので安心して働けたりと
それぞれに様々な良い部分があります。

 

 

働き方はひとつではありません!
SAKURA上野センターはあなたに合った働き方を支援します。
あなたに合う働き方を一緒に探しましょう!

 

 

------------------


SAKURA上野センターでは、随時見学受付をしています。
ぜひ、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ、見学にいらしてください!
クルー一同、お待ちしております!

お問い合わせは 03-5807-0070 まで

就労の悩みや不安、就労移行ってどんなところ?等々
お気軽にお問い合わせください。

 
------------------