実習を経験して

企業実習が活発になっているSAKURA富山センターです!

本日は2週間の実習を終えられたメンバーさんの生の声をお届けします!

 

===================================

 

私は2週間実習に行き色々なことを学んできました。

鋳物(いもの)を作る工場へ実習に行き、機械を扱って金属になる部品の一部を型に流し込み、高温の熱で固めていく作業を行いました。

難しいと感じたことは、工場内の機械音が大きく相手に伝えたいことが伝わらないことが一番大変だったと感じています。覚えることも多くあって仕事の途中で機械に不調があったりと臨機応変に行動することが求められる職場でした。

自分には向いていないのではないか・・・と不安になりましたが、その都度センターのクルーと相談しながら実習に取り組みました。

 

実習を通じて思ったことは、センターの研修で行っているあいさつ、報連相の実践はもちろん、自分自身のメンタル面がすごく鍛えられたと思っています。

途中で心が折れそうになりながらでも無事に2週間の実習を終えることができて、本当によかったです。

また1歩成長したかなと感じました。

===================================

地場産業を支える製造現場での実習でした。

機械を操作し、製品を作っているメンバーさんはまさに職人のようでした!

いろいろなお仕事に興味を持っていらっしゃるメンバーさんですので,

実習を通してできそうな仕事や,やって行きたい仕事を見つけて欲しいと考えています。

 

 

SAKURA富山センターでは企業実習を積極的に行っています。

みなさんも興味のあるお仕事に実習を通して体験してみませんか?