就職おめでとう!

みなさん、こんにちは!

2017年4人目の就労者の声をお届けします!

 

===========================================

 

 

SAKURA富山センターを利用したきっかけは、病気と付き合いながら働くことに不安があったことと、1人で就職活動をし短期離職した経験から、就労支援を利用しようと考えたことです。実際に通う事業所を選ぶときはいろんな方に相談して決めました。
SAKURA富山センターではビジネスマナー研修と職場対人技能カリキュラムが印象に残っています。どちらの研修もロールプレイがあるのですが、他のメンバーのロールプレイを見て、色々な振る舞いや行動の仕方を知ることができました。人前で話したり行動することに苦手意識があったのですが、ロールプレイを通じて苦手意識は薄れた気がします。
通所1年以内に就職したいと考えていたので、半年を過ぎた頃から実際に就職活動を始めました。漠然とものづくりの現場で働きたいと思い、求人を探していましたが、なかなか具体的に働くイメージが湧かなかったため、求人応募には繋がりませんでした。
あるとき、木工製品を作る企業へ見学に行く機会がありました。間近で作業を見せていただき、仕事に興味を持ちつつも自分の年齢が気になったり、この仕事ができるだろうかと考えていました。そんな時クルーから「見学に行った企業様に面接をお願いしてみませんか?」と提案があり、前向きに挑戦してみることになりました。面接はクルーに同行してもらい、その後2週間、職場実習をさせてもらいました。最初は仕事が難しくてついていけるか不安でしたが、それ以上に楽しさがあり、この職場がいいなと考えるようになりました。実習後は、まずトライアル雇用制度を利用し、少しずつ働く自信もついていきました。
今は、楽しく安定して働けることはもちろん、徐々に業務の幅を広げていければいいなと考えています!

(障がい種別:精神 女性)

 

 


=========================================

 

 

就職おめでとうございます!

企業見学⇒企業実習⇒トライアル雇用⇒常用雇用 と利用できる社会資源を

有効に活用されて就労されました!

また就労先の企業様も本格的な障がい者雇用は初めてでしたが、担当者をはじめ周囲の方に好意的に受け入れていただきありがたく思います。