SAKURA企業実習リポート

新宿区の西武新宿駅前で障がいをお持ちの方の就職をサポートしています

就労移行支援事業所 SAKURA新宿センターの新井です。

 

 

SAKURA新宿センターでは、現在月1回、

「企業実習および就業対策週間(通称:実習週間)」を開催しています。

 

 

「実習週間」では、①軽作業 ②PC が主な業務になります。

軽作業は、インデックス(見出しシール貼り)、

 ボール封入、スタンプ、封入・封かん作業等

②PCは、情報入力および貼り付け、資料作成、文書入力等

 

 

また、この実習週間を実施する目的は、以下の通りです。

 

企業就労の意識(イメージ)を高める。

①本番の職場実習に備える。担当者への報告・連絡・相談の徹底。

②実践的な環境の中で作業を行い、集中力、正確性を確認する。

 

 

就労移行支援事業所は、全国に3000箇所以上あり、

特に最近では「発達障害」の方に特化した事業所など、

それぞれの特徴を出しながら運営されています。

 

 

SAKURA新宿センターの特徴といえば、

徹底して実践力を養成しています。

 

確かに障害をお持ちの方が、ビジネスマナーや

ソーシャルスキルトレーニング

(社会生活技能訓練)を「座学」で学んでおくことも、

職場の中で実践するためには

大切なことではありますが、

労移行支援事業所に通う多くの方が「実習」を

経験することになります。

「実習」は普段通う事業所とは環境が変わり、

それだけでも戸惑うこともあるのですが、

その上に集中力や正確性を保って

業務を行わなければなりません。

 

 

 

   (インデックス(見出しのシール貼)作業)

 

 


職場のお仕事を考えると、「スキル」ばかりが注目されますが、

実は単調的な作業を「いかに集中力を保ち、正確に進められるか」

意外と求められたりするのです。

 

 

 

現在、SAKURAを利用していただいている

皆さんも、このような作業経験を

繰り返していくうちに、

作業ペースや休憩のタイミング、疲れへの対処、

周囲の人とのチームワークなどを習得していきます。

 

 

 

やがてくる職場実習での実践場面でもこの

経験が活きてきますし、

更には就職してから長く安定的に働くためにも、

このような場面に慣れていくことはとても大切なことです。

 

 

 

そのような理由から、新宿センターでは実践力を重んじ、

実習週間という実践の場を提供しています。

 

 

 

堅いお話ばかりで申し訳ございません!

 

 

日頃は楽しくみんなでおしゃべりをする時間もあり、

たまには外に繰り出し

「新宿御苑の散策」など、楽しく盛り上がるイベントも

たくさん行っています。

ぜひSAKURAへ見学・体験に来て下さい!

 

 

 

SAKURA新宿センターでは、随時見学受付をしています。

就労の悩みや不安、就労移行ってどんなところ?等々

お気軽にお問い合わせください。ぜひ一度見学にいらしてください!

 クルー一同、お待ちしております!

------------------------------

■障害者就労移行支援事業所

 SAKURA新宿センター

 (西武新宿駅北口前 徒歩20秒)

  TEL:03-3204-3918

  FAX:03-3204-3919

 ------------------------------