就職者の声

障がいをお持ちの方の就職をサポートしております、就労移行支援事業所SAKURA渋谷センターの就労支援員 碓井です。 本日は、今年5月にSAKURA渋谷センターより就職したHさんの声をお届けします!
3つの質問に答えて頂きました。

 

 

 

***********************************

 

 

 

① SAKURA渋谷センターで学んだ事は何ですか?
SAKURA渋谷センターでは、本当に様々な事を学ぶ事ができました。まず、カリキュラムでは、PC練習やビジネスマナー、作業や就労、生活について学びました。
PC練習では、ワードやエクセルの基本的なスキルやタイピングを練習することが出来、実際に練習問題を行ったり、タイピングの文字数が伸びたりすることで具体的に自分の成長を実感する事ができました。ビジネスマナーでは、仕事をするうえで必要なマナーを学んだり、お茶だしや電話応対などについても教わりました。
作業では、作業の種類によって自分の得意不得意を洗い出す事ができました。就労では、面接練習や就労の準備をする事によって、自分の障害についての理解を深める機会となりました。
生活では、仕事をする上では、仕事以外の時間も大切であるということを学びました。
カリキュラム以外では、挨拶の仕方や、報連相の仕方についてしっかり学ぶ事ができましたし、グループワークや夕礼で行うコミュニケーションゲームなどを通して、他のメンバーさんとコミュニケーションを取ることでコミュニケーションについても学ぶ事が出来ました。

 

 

 

② 学びによって得たものは何ですか?
学びによって得たものは、仕事をするための準備が整った心です。
私は、SAKURA渋谷センターに入る前は、前職が自分に合わず入院治療をした経験から、自信を失い、自己肯定感が低い状態でした。
しかし、SAKURA渋谷センターで過ごした1年と3ヶ月で様々な事を学んだ事が、自分を取り戻すきっかけとなりました。SAKURA渋谷センターでの積み重ねによって、自分の成長を実感し、自信や自己肯定感を高める事が出来たと感じています。私は、例えば通所日数を徐々に増やしていくなど、スモールステップを積み重ねていく事によって少しずつ仕事をするための準備を整えることが出来ました。

 

 

 

③これからの課題は何ですか?
SAKURAでの面接練習によって気付く事ができましたが、私は質問の答えをその場で考えて言う事が苦手で時間がかかりますので、これからは仕事でもすぐに意見を言えるよう考える練習を続けていきたいと思います。
また、仕事中に体調不良や問題があった場合に、自分から声をあげることがスムーズに出来るようになるということも課題です。

 

 

***********************************

 

 

 

毎日ニコニコした明るい挨拶で渋谷の温かい雰囲気を作ってくださったHさん、本当にご就職おめでとうございます☆


Hさんには、渋谷のおいしいご飯屋さんなども紹介していただいたり、美味しい物について沢山お話をした思い出があります。とっても楽しかったです。

今後もHさんが長く働き続けることが出来るようにおお手伝いさせて頂きます。これからも引き続きよろしくお願いします!