春の詩

春風の心地よい季節になり、花便りも各地から届くこのごろですが、皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか?SAKURA長野南センターの目の前にあるしだれ桜は、今満開を迎え、毎日窓からお花見をしています。

 

春の詩といえば、孟浩然(もうこうねん)の漢詩「春暁(しゅんぎょう)」の中の「春眠暁(しゅんみんあかつき)を覚えず」と言う一節を、みなさんは聞いたことがありますか。これは中国の唐の時代に詠まれたものです。春の夜は眠り心地がよいので、朝が来たことにも気づかず、つい寝過ごしてしまうという意味です。みなさんはそんなことはありませんか。特にこの時期は気候が安定せず、体調を崩しやすくなります。夜にしっかりと睡眠をとり、朝さわやかに目覚めて充実した一日を過ごしたいですね。
今回はそのためのポイントをお話しします。まず朝、目覚めたらカーテンを開けて太陽の光を体いっぱいに浴びる。次に朝食をきちんと食べる。こうした方法で頭も体もしっかりと目覚めることができるので、ぜひ試してみてください。もちろん夜更かしは控えてくださいね。

 

SAKURAセンターでは、マナー研修やパソコン研修の他にも、健康管理の方法や生活リズムの整え方など、生活面の研修も行っております。

「働きたいけど体調や体力が心配…」という方も、まずは健康管理から一緒に学んでいければと思いますので、是非一度センターへ見学にいらしてはいかがでしょうか。

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

SAKURAセンターは障がいをお持ちの方の就職活動をサポートしています。長野市・千曲市・上田市・東御市・小諸市・佐久市周辺エリアで就職を目指す障がいをお持ちの方・ご家族、支援者の皆様、お気軽にお問い合わせください。

まずは見学のみという方も是非お越しください。

職員一同お待ちしております。

 

お問い合わせは SAKURA長野南センターへ

 

【電話:026-272-8670 受付:平日9:00~18:00】

 

【FAX:026-272-8671】

 

【メール:sakura_nagano_mnm@socat.jp】←メール・FAXでも受付中