一歩をふみ出します!

こんにちは!

障がいをお持ちの方の就職をサポートしています、

千曲市杭瀬下にあります障害者就労移行支援事業所

SAKURA長野南センターの鈴木です。

 

長野南センターでは、金曜日の合同企業説明会に向けて研修を進めています。マナー研修では好印象をもっていただくための振る舞いとして、「就活にふさわしい!身だしなみと第一印象」や「印象がいい!お辞儀の仕方」など、PC研修ではインターネットで企業検索・経路検索を行っています。みなさん、「就職を叶えたい」と希望を持って通所しています。

 

新たに1名の方の就労が決定しました。

ご本人の声をお伝えします。

 

 

~就職が決まりました~

 

私は以前に病院のデイケアを利用していたのですが、そこで「ビジネスマナーやパソコンを学ぶことができて、就職を目指している人のための場所がある」と、SAKURA長野南センターを紹介していただきました。

まずは見学をし、5回ほど体験をしてから正式利用となりました。

始めの頃はデイケアとの併用で、センターへは週に2日からのスタートでした。それから約3ヶ月ごとに週に通う日数を1日ずつ増やしていきました。約1年後には週5日、10時から16時まで通うことができる体力がつきました。

 

センターの研修では、マナー、パソコン、就労、コミュニケーション、実務などを学ぶことができました。また、季節ごとにその時々のイベントなどもありました。

どの研修も大変ためになりました。中でもマナー研修は、私には就労経験があるのですが、ビジネスマナーというものをきちんと教わったことはなかったので、「こういう時はこうするとよかったのか」などと新しい発見がたくさんありました。

そして、特にパソコン研修では結果を残すことができました。パソコンといえばMacを使用した経験はあったものの、WindowsWordExcelPowerPointのソフトを使ったのはセンターへ来て初めてのことでした。そんな私がコツコツと研修を受け続けた結果、上記3つのソフトのMOSの試験に合格することができたのです。これは通い始めた頃には考えられないようなことでした。

その他、2週間の職場実習へ行って事務職の貴重な体験をすることもできました。仕事内容は、書類の封入、書類の整理、最終日にはデータ入力を行いました。職場実習をしたことで働く上での自分の課題が見つかったりもしました。

とにかく、毎日規則正しい生活を送ってSAKURA長野南センターへ通い続けることができたということが大きな自信につながりました。また、就職してからもサポートしていただけるという安心感もあります。

 

いつも明るく親切に接してくださったクルーの皆さん、一緒に研修を受けてくださったメンバーの皆さんにはとても感謝しています。就職という一歩を踏み出した今、次は継続して働き続けられるよう励みます。本当にありがとうございました。

 

 これからも、定着支援というかたちで支援をさせていただきます。悩んだこと、困ったことはぜひ相談してください。

卒業おめでとうございます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

SAKURAセンターは障がいをお持ちの方の就職活動をサポートしています。長野市・千曲市・上田市・東御市・小諸市・佐久市周辺エリアで就職を目指す障がいをお持ちの方・ご家族、支援者の皆様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 ご連絡お待ちしています!

 

お問い合わせは SAKURA長野南センターへ

 

【電話:026-272-8670 受付:平日9:00~18:00】

 

【FAX:026-272-8671】

 

【メール:sakura_nagano_mnm@socat.jp】←メール・FAXでも受付中