「暖冬」

長野市平林にあります 障がいのある方の就職をサポートしています就労移行支援事業所SAKURA長野センターの支援員 阿部です。

 

冬を迎えるこの時期になっても、気温が上がったり下がったりと気温の変化がありますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

今年の冬は「暖冬」と言われているので本日は、「暖冬」について少し豆知識をお伝えしたいと思います。

そもそも、「暖冬」とは何か?

暖冬とは、12月から2月までの気温が平年より高くなる冬型のことを指すそうです。ただ、気温の変化に伴い暖冬から寒冬にもなる可能性もあるそうです。

暖冬になる原因は?

代表的なもので言うと、エルニーニョ現象があげられます。エルニーニョ現象とは、南米大陸の近くにある海水温が上昇し太平洋上に暖かい空気が発生することで、その空気が日本の上空に入り込む為、暖冬になるそうです。

また、暖冬になると雪の降る量も多いという事です。いずれにしろ、気温の変化があり着衣などの調整が大変になりますが、風邪をひかないようにしていきましょう。

 

これまでSAKURAセンターが気になっている方、障がいのある方で一般就労を目指している方、5分、10分でも可能です。是非一度SAKURAセンターの見学に来てみませんか?

皆様のご来所を心よりお待ちしております!!

——————————————————————————————————

 

 SAKURA長野センターは障がいのある方の就職活動をサポートしています。長野市・須坂市・中野市・飯山市の各周辺エリアで就職を目指す当事者の方・ご家族、支援者の皆様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まずは、見学のみという方も是非お越し下さい!

 

お問い合わせは SAKURA長野センターへ

電話・FAXの方は…

【電話:026-241-3918 FAX026-241-3919 

 受付:平日9001800

メールの方は…

【メール:sakura_nagano@socat.jp】←メールでも受付中

実習がんばっています!

こんにちは 長野市平林にあります 障がいのある方の就職をサポートしています就労移行支援事業所SAKURA長野センターの支援員 日台です。

 

11月も下旬になり、ますます寒さが厳しくなりましたね。

そしてクリスマスの時期も近くなりました!

SAKURA長野センターでは季節に合わせた飾りをしています。

玄関にサンタさんがお待ちしていますので是非、センターにお出かけください。

 

さて 最近のメンバーさんの就職活動状況ですが、なんと11月中は8名の方が

企業実習に行かれました!

 

職種は様々で、

事務職

製造業

接客業

介護職

清掃業 … などなど!

実際に企業様でのお仕事を体験し、相性を見ていただく大切な機会です。

普段の研修とは違い、お仕事体験なので…皆さんとても緊張されます。

ただ、必ず支援員が付き添いますので1人ではない安心感を持っていただければ幸いです。

実習中もフォローします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SAKURA長野センターは障がいのある方の就職活動をサポートしています。

長野市・須坂市・中野市・飯山市の各周辺エリアで就職を目指す障がいのある方・ご家族、支援者の皆様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ご連絡お待ちしています!

お問い合わせは SAKURA長野センターへ

【電話:026-241-3918 受付:平日9:00~18:00】

【FAX:026-241-3919】

【メール:sakura_nagano@socat.jp】  ←FAX・メールでも受付中

SAKURAで学んだこと

私はSAKURA長野センターに2年間、通所させて頂きました。

通所の始めから、時間をかけて就職することを目標としていました。家族との兼ね合い、社会復帰の準備として必要なだけかけようとの思いでしたが、今となると時間をかけられる状況や周囲の協力を得られたことは幸せなことだったのだと思います。

通っている間に学ぶことはたくさんありました。ビジネスマナーを学ぶマナー研修、パソコンを学ぶPC研修、体調管理を学ぶLP研修、仕事との向き合い方を学ぶJP研修、実務研修を通した働くイメージなどを通して社会に出るとはどういうことなのかを学びました。働くことの大事さ、責任、自分らしく働くことなどです。

また、一番に自分が学んだと思うことは「学ぶことを楽しむ」「経験を積む事で得られるものがある」ということです。

 

昔の自分を振り返ってみると飽きっぽくて、ある程度覚えると熱意が冷めてしまうところがありました。また人間関係で疲れると周囲を理解する前に関係性を断つなどしてしまっていました。しかしそれではいけないのだと分かりました。続けているからこそ覚えられるものがあり、乗り越えるものがあり、またそれが自分の力になっていくのだなと思ったときに不思議と周囲に感謝が持てました。

 

                  教えていただけることに感謝して、周囲の役に立つことをしよう。

                  明るく元気でいよう、笑っていられるように努力しよう。

 

時にはそれが難しい時期もありましたが、心掛けていくうちに自然と学ぶことが楽しいと思うようになってきました。人と比べてダメだな…と思うよりは自分なりに頑張ってみると楽しいと思いました。

人のために何かをすることは損している様で、相手のことを考えることで一番仕事に活きるスキルだと思います。

 

長いようで短かった気もしますが、おかげ様で、ようやく家族との兼ね合いも良い職場で働けることになりました。これまでに教えて頂いたスキル、感じ方、時間の使い方などを活かしながら定着に繋げていきたいと思います。

最後になりますが共に過ごしていただいた皆様、色々と教えて下さったクルーの皆様、また諦めずに私を見ていてくれた家族に感謝します。どうもありがとうございました!

良いことも悪いことも学び成長するチャンスととらえ頑張っていきます。皆様もお体を大事に頑張ってください。本当にありがとうございました!

就職が決まって

SAKURAセンターには、20177月から通所を開始しました。

事務職を希望していましたので、その就職に直結するスキルを学ぶ場をPC研修で用意していただき、WordExcelやタイピングなど操作の習得に役立ちました。けれども就職活動をする中、センターに通ったことで最もありがたく感じたのは、クルーやメンバーの皆さんとの交流でした。

一人でハローワークに通って就職活動を続け、面接を受け続け、希望の職とのご縁に恵まれるというのは、想像以上に遠い道のりでした。求職者としてのスキルや職歴に自信のない私は、しょっちゅうモチベーションを失って、挫折を繰り返していました。思い返せば、そのころの私に必要だったのは、同じ目標に向かって生活をともにする仲間だったのです。日々の研修を一緒に受け、見学や実習に行き履歴書を書くけんめいな姿に触発される、そして日頃からの交流。そこから私は、活動への意欲の維持、対人マナーやコミュニケーションの練習、自分の心身の保ち方といった、人との関係にまつわるとても多くの経験を積むことができたと思います。

希望する職場で三度の実習をさせていただく中でもこれらの経験を大いに活かし、結果、採用という結果に繋がったのも、皆さんとの生きた交流、そこから学べた多くの事柄を糧に、勇気をもって実習に臨めたからです。今日もまた、あの場所に行けば皆さんに会える。あの人たちと同じように頑張ろうという気持ち、辛かったらいつでも相談できる心強さ、そういった色々が、弱気になりがちな私の活動をいつも励まし、この背中を押し続けてくれたのでした。同じ時間を過ごしたクルーやメンバーの方々には、感謝で一杯です。

就職先でもまた、未熟な私は何度も失敗し、落ち込むことでしょう。そのたびに、センターで教わったこと学んだこと、自分の中に湧いてきた勇気を思い出し、それを胸に進んでいこうと思います。

 

皆さんありがとうございました。

~センターでの日々を振り返って~

SAKURA長野センターへは、体験を含めて1年8ヶ月通所させていただきました。

 

通所のきっかけは、病院で偶然手に取ったパンフレットでした。何年も前からたぶん、そこに置いてあったのに、気づくことがありませんでした。「働きたい」「自立したい」という思いを強くもっていましたので、本当に「拾ってくれる神」にめぐり合った気持ちでした。

 

センターでの研修ですが、マナー研修で、自分なりに解っていたつもりの社会生活に必要な振る舞い、マナーを改めて教えて頂きました。「なるほど」という発見が多くあり勉強になりました。

パソコン研修は、ほぼ一からのやり直しでしたが、苦手だったタイピングもクルーの皆様の助言を頂きながらできるようになりました。WordExcelのテキストを進めていくのは、今まで知らなかった新しい知識を習得する「喜び」でした。

実務研修は、お金を頂くありがたさを痛感し、一つひとつの作業を「丁寧」に行うことの大切さを学びました。

JP(就労)研修は、自己アピールの方法、「自己理解」の大切さ、物事をプラスに考える事を教えて頂きました。

どの研修も大切で、私には必要な事柄でした。

 

クルーの皆様は、「打たれ弱い」私を辛抱強く見守って、励まして下さり、時に厳しくご指導して下さいました。今まで気づかなかった自身の課題にも気づかせて下さいました。心より感謝を申し上げます。メンバーの皆様とは年齢、環境の違いを超えて親しくお話をさせていただき、お互いの苦しい、つらい気持ちを分かち合いながら、励ましあいながら過ごさせていただきました。私に「前を向こう」という気持ちを下さいました。ほんとうにありがとうございました。

 

このたび、ご縁があり、就職につなげることができました。センターで学ばせて頂いた事を活かしながら、常に「振り返り、考え、気づいていく」、何事も「謙虚にさせていただく」気持ちをわすれずに、周りの景色をながめながらという心の余裕を持って、「自分の歩幅」でゆっくりと歩んでいかれたらと思います。

 

 クルーの皆様、メンバーの皆様、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。皆様に、心より感謝の気持ちで一杯です。

<就活たけなわ>

長野市平林にあります 障がいのある方の就職をサポートしています就労移行支援事業所SAKURA長野センターの支援員 井口です。

 

今夏は信州・信濃でも36℃という気温を体感していたと思いましたら、何と朝の最低気温は10℃を切るようになっております。

いつの間にか景色も味覚も、秋に浸っておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、SAKURA長野センターでは、企業様への見学や実習の段階に進んでいる方たちが、具体的な就職活動を進めています。8月まで実習をして就職された方を皮切りに、その後45名の方々が実習に入り、既に期間を終えて一旦センターに戻り振返りをしたり、課題の整え直しをしたり、中には入社日を待つ方までおり、様々な状況となっています。

現在は入れ替えるようにして、別の方々が実習に出ています。

 

SAKURA長野センターの利用者さんは、各種研修を通じて働く姿の整え(習得)をして、見学・実習につなげられるような流れで就労を目指しています。

就活の入り口になりますが、研修について体験をしていただけますので、興味を持たれた方は、お問い合わせください。また、お出かけをお待ちしております。

 

最後にひと言。

少し冷涼な気候となっても、体調がすっきりしない方は、気温変動に心身が追いつかず、「秋バテ」となっているかもしれませんね。対処法は、食事、運動、服装、入浴等いろいろあるようです。

進む季節に合わせて整えられると良いですね。利用者の皆さんも自己管理をして実習に臨んでいます。

まずは、健康管理でこの時期もやり過ごしましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SAKURA長野センターは障がいのある方の就職活動をサポートしています。

長野市・須坂市・中野市・飯山市の各周辺エリアで就職を目指す障がいのある方・ご家族、支援者の皆様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ご連絡お待ちしています!

お問い合わせは SAKURA長野センターへ

【電話:026-241-3918 受付:平日9001800

FAX026-241-3919

【メール:sakura_nagano@socat.jp】  ←FAX・メールでも受付中

体調を崩さないために

皆様 こんにちは!長野市平林にあります 障がいのある方の就職をサポートしています就労移行支援事業所SAKURA長野センターの支援員 関崎です。

 

いよいよ10月に入りました!

今夏は、短期間で気温が大きく変動することが多くありましたが、皆様 体調はいかがでしょうか?

連休も続き、生活リズムが崩れがちになってしまったところに、気温の激しい変化によって、体調を崩しやすくなっていると思います。

さらに、今年もインフルエンザが猛威を振るい始めました。県外では学級閉鎖する学校があったりと、例年に比べて流行が早いのだそうです。

体調を崩さない基本は、生活リズムを一定にし、良質な睡眠と休養・栄養をとることと言われています。体調管理も働くための基本です!働く準備をしっかり整えてから安心、安定して就職したいですよね♪

SAKURA長野センターでは生活研修も行っています!ぜひ一度見学してみてはいかがでしょうか?

職員一同、お待ちしております♪

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

SAKURA長野センターは障がいのある方の活動をサポートしています。長野市・須坂市・中野市・飯山市の各周辺エリアで就職を目指す障がいのある方、ご家族、支援者の皆様、是非お気軽にお問い合わせください。

まずは、見学のみという方もぜひお越しください!

 

お問い合わせはSAKURA長野センターへ

【電話:026-241-3918 FAX026-241-3919 受付:平日9001800

【メール:sakura_nagano@socat.jp】←メールでも受付中

職場実習

長野市平林にあります 障がいのある方の就職をサポートしています 就労移行支援事業所SAKURA長野センターの支援員 長徳です。

 

 

現在、SAKURA長野センターでは、多くの利用者の方が実際の企業様で職場実習を行っています!

 

職場実習は、センターにおいて日々研修で学んだことや練習してきたことを実践する場であり、希望しているお仕事が自分に合っているのかを、確認することができます。

 

SAKURAセンタ-での研修は基本的なことの習得になりますが、実際の職場で学ぶことは更に数多くあります。

 

また、実際のお仕事となると、臨機応変に対応しなければならないことや、責任を伴う業務が出てくると思います。

 

逆に言えば、研修で目標達成できていないことを急に職場で行おうとしても、難しいことだと言えます。

 

まずは日々の研修の中で、一つひとつ自分のできることを増やしていくことが大切だと思います!

 

 

職場実習中の皆さん、応援しています!!

10月イベントのお知らせ

長野市平林にあります 障がいのある方の就職をサポートしています就労移行支援事業所SAKURA長野センターの支援員 長徳です。

 

 

今年の夏の暑さが嘘のように、肌寒く秋を感じる日が増えてきましたね。

 

「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」「読書の秋」…と、様々な楽しみ方がありますが、SAKURA長野センターでも引き続き、利用者の皆さんも来訪者の皆さんも楽しめるイベントを計画していきます♪

 

1013日と1030日に「気楽にコミュニケーション」というイベントを開催することが決まりました!

 

詳細はこちら♪

↓↓↓

気楽にコミュニケーション

 

おしゃべりを楽しみたい方にも、職場で役立つコミュニケーション術を知りたい方にもご参加頂けるよう、2日間開催する予定です。内容やご都合に合わせてご参加頂ければと思います。

もちろん、2日間参加することもできますよ!

 

 

お問い合わせ・お申し込み

【電話:026-241-3918 受付:平日9001800

【FAX:026-241-3919

【メール:sakura_nagano@socat.jp】←メール・FAXでも受付しております。

「イベント」

長野市平林にあります 障がいのある方の就職をサポートしています就労移行支援事業所SAKURA長野センターの支援員 阿部です。

 

最近は、気温があまり上がらず日によっては少し肌寒く感じる時もありますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

913日(木)の事ですがSAKURA長野センターでは「上手なお薬との付き合い方」と題しまして長野市保健所食品生活衛生課の方にお越し頂きセミナーを開催させて頂きました。セミナーといってもあまりかたい雰囲気ではなく、時には笑いも出る様なお話しをして下さいました。

日頃、風邪や腹痛といった身近かな不調でお世話になることもある「お薬」ですが、飲み忘れ、飲み合わせなどの経験もあり、事例にうなづきながら受講出来ました。

今回、参加を頂いた方からは「日頃から薬に対し考えていた事とは、間違えている事が多く良い機会になった」「薬を飲むときの温度管理、量についてとても勉強になった」「薬との付き合い方によって効果に問題が出たり危険な症状も出る可能性があるので、きちんと決められた事を守っていきたい」など沢山のご感想を頂く事が出来ました。

これからも、皆様に興味を持って頂ける様なイベントを考えて参りますので、皆様お誘い合わせの上、沢山のご参加をお待ちしております!!

 

また、これまでSAKURAセンターが気になっている方、障がいのある方で一般就労を目指している方、5分、10分でも可能です。是非一度SAKURAセンターの見学に来てみませんか?

皆様のご来所を心よりお待ちしております!!

 

================================================

 

 SAKURA長野センターは障がいのある方の就職活動をサポートしています。長野市・須坂市・中野市・飯山市の各周辺エリアで就職を目指す当事者の方・ご家族、支援者の皆様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まずは、見学のみという方も是非お越し下さい!

 

お問い合わせは SAKURA長野センターへ

 

【電話:026-241-3918 FAX026-241-3919 受付:平日9001800