SAKURAセンターでの日々を振り返って

 私は大学卒業後、自分の障害と病気を隠して新卒で就職しましたがミスを繰返し、病気も悪化し退職となりました。

 病気がある程度快復してきた頃、今度は自分の障害と病気をオープンにして働きたいと思いました。しかし、オープンにして働く場合、どうすればいいのか分からずまだ体調面で不安があった為、就職する前のワンステップとしてSAKURA長野センターに通う事にしました。

 SAKURAセンターでは、各自の課題に応じて、ビジネスマナーやパソコン、生活管理等を学ばせて頂きました。

 自分では出来ていると思っていても、まだまだ足りない所や、伸ばすべき所が沢山ありました。

 ビジネスマナーの研修は、分かりやすく教えて下さり、実践の場やコミュニケーションの場も設けられていて、研修を受けていてとても楽しかったです。

 パソコンの研修では、今まで習ってきていても、忘れている事が多く、同じ事を何度も聞いてしまう等、ご迷惑もお掛けしましたが優しく教えて下さいました。また、実習先でパソコンを使うので、実習先用の練習課題を作って下さる事もありました。

 また、病気や人間関係等で悩んだ時も、SAKURAセンターのクルーの方々が親身になってお話を聞いて下さったり、適切なアドバイス等をして下さったりと本当に助かりました。

 更に、SAKURAセンターにお弁当箱を置き忘れた時に、洗って保存して下さった事もあり、感動した事を覚えています。

 クルーの皆様も優しくして下さり、メンバーの皆様も和気藹々として、いつも笑顔に溢れていてSAKURAセンターに通っていて純粋に楽しかったです。

 就職しても、きっと苦しいことや辛い事等もあるかと思いますが、SAKURAセンターで学んだ事と、沢山の思い出を糧にして、これから就職しても一生懸命頑張っていきたいです。

 クルーの皆様、メンバーの皆様、色々とご迷惑もお掛けしたかと思いますが、SAKURAセンターに通って良かったと思います。大変お世話になりました。今まで本当にありがとうございました。