<厳寒期にも 花咲きを待つ北信濃>

長野市平林にあります 障がいのある方の就職をサポートしています就労移行支援事業所SAKURA長野センターの 井口です。

 

秋口に朝の最低気温は10℃を切る云々という記載をしましたが、現在は最低気温-4℃、-5℃の暦通りに寒中です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

昔、何気なく口にしたひと言でひんしゅくを買ったことを思いだすのもこの時期のことです。

 

降雪、積雪が大切な観光資源である自治体の方々とお会いした際に、「今年は雪が少なくて楽ですね」と挨拶代りの言葉を発したのです。しかし、それを受けた方々にとっては、とんでもなく軽々に伝わってしまったのでした。どういうことか、皆さんはお分かりになりますか。

 

雪は降ってもらわないと困る。スキー場を抱えるものにとっては死活問題だ、と。

一喝されたのでした。雪がなければ、里は楽ですが、山手の皆さんには大変なことでしょうと、気遣いをするべきだったのです。若かりし私は、自分の都合が、ひと様とも合致するものと勝手に思い込んでしまうような状況で、今でも恥ずかしいですし、二度と口にはすまいと戒めを忘れない出来事でした。

 

さて、SAKURA長野センターでは、就職活動に取り組まれているメンバーさんが、複数名います。

加えて就職の実績では、秋から初冬にかけて3名、年明けの今月に1名が就職されました。

メンバーさんの朝礼で、こんな話をしました。

一人ひとりが 花を咲かせようとしている種子のようなもの。そのまま放っておくのではなく、SAKURA長野センターに通い、自分に栄養と水を与えながら、この寒い時期も乗り越えようと準備をしています。そのたゆまぬ思いや努力が、花を咲かせることにつながっていくのだと思います。

春は花、花は桜。芽吹き、咲く時期は違えども、一重に八重に咲き誇るそんな季節を夢見て、心待ちにしている方もおられるでしょう。就職を考えて困ったり、悩んでおられる方、是非 お問い合わせください。また、お出かけをお待ちしております。

 

気温が下がり、湿度も低くなりますとインフルエンザ等が猛威を振るうようです。いままで

にかかることがなかったという方、気を抜かず対策をして下さいね。宝くじの確立と比較できるかどうかは不明ですが、当たることのないように、健康管理でこの時期をやり過ごしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SAKURA長野センターは障がいのある方の就職活動をサポートしています。長野市・須坂市・中野市・飯山市の各周辺エリアで就職を目指す障がいのある方・ご家族、支援者の皆様、ぜひお気軽にお問い合わせください。ご連絡お待ちしています!

お問い合わせは SAKURA長野センターへ

電話:026-241-3918 (受付:平日9001800 )

FAX026-241-3919

メール:sakura_nagano@socat.jp