SAKURAで学んだこと

私はSAKURA長野センターに2年間、通所させて頂きました。

通所の始めから、時間をかけて就職することを目標としていました。家族との兼ね合い、社会復帰の準備として必要なだけかけようとの思いでしたが、今となると時間をかけられる状況や周囲の協力を得られたことは幸せなことだったのだと思います。

通っている間に学ぶことはたくさんありました。ビジネスマナーを学ぶマナー研修、パソコンを学ぶPC研修、体調管理を学ぶLP研修、仕事との向き合い方を学ぶJP研修、実務研修を通した働くイメージなどを通して社会に出るとはどういうことなのかを学びました。働くことの大事さ、責任、自分らしく働くことなどです。

また、一番に自分が学んだと思うことは「学ぶことを楽しむ」「経験を積む事で得られるものがある」ということです。

 

昔の自分を振り返ってみると飽きっぽくて、ある程度覚えると熱意が冷めてしまうところがありました。また人間関係で疲れると周囲を理解する前に関係性を断つなどしてしまっていました。しかしそれではいけないのだと分かりました。続けているからこそ覚えられるものがあり、乗り越えるものがあり、またそれが自分の力になっていくのだなと思ったときに不思議と周囲に感謝が持てました。

 

                  教えていただけることに感謝して、周囲の役に立つことをしよう。

                  明るく元気でいよう、笑っていられるように努力しよう。

 

時にはそれが難しい時期もありましたが、心掛けていくうちに自然と学ぶことが楽しいと思うようになってきました。人と比べてダメだな…と思うよりは自分なりに頑張ってみると楽しいと思いました。

人のために何かをすることは損している様で、相手のことを考えることで一番仕事に活きるスキルだと思います。

 

長いようで短かった気もしますが、おかげ様で、ようやく家族との兼ね合いも良い職場で働けることになりました。これまでに教えて頂いたスキル、感じ方、時間の使い方などを活かしながら定着に繋げていきたいと思います。

最後になりますが共に過ごしていただいた皆様、色々と教えて下さったクルーの皆様、また諦めずに私を見ていてくれた家族に感謝します。どうもありがとうございました!

良いことも悪いことも学び成長するチャンスととらえ頑張っていきます。皆様もお体を大事に頑張ってください。本当にありがとうございました!