お花を活けました♪

長野市平林にあります 障がいのある方の就職をサポートしています就労移行支援事業所SAKURA長野センターの支援員 長徳です。

 

SAKURA長野センターでは、毎朝玄関や応接室に活けたお花を飾っています。

 

「キレイだから」というのも理由ですが、お花を飾る理由は他にもあります。

 

毎日水を変えたり、元気がなくなってしまったら手を加えなければ、お花はすぐに枯れてしまいます。そうした変化に気づく力があることも大切なことです。

 

お花の入った花瓶は、毎日利用者の皆さんに各所へ置いて頂いています。

 

仲間が飾ったお花を見栄え良く配置する気遣いも重要だと思います。

 

先日のショートトレーニング(午後の小研修)の中で、利用者の皆さんと一緒にお花の観察をし実際に花瓶へ活けてみました。

 

初めて活けたという方もいた為、花瓶選びから悪戦苦闘…している様子もありましたが、花の向きや色合いを考えながら飾ることができました。

 

活け花の難しさと奥深さを知ることで、お花への関心も高めてもらえたようです。

 

毎日キレイなお花を飾っているので、SAKURA長野センターに興味・関心のある方は、ぜひ観にいらして下さいね♪