5月病対策!

こんにちは、長野市平林にあります 障がいのある方のサポートをしています就労移行支援事業所SAKURA長野センター 日台です。

 

5月病」という言葉を皆さんは聞いたことがありますか。

簡単に言うと

4月は環境の変化が多く(入学・就職・職場異動など)日常的に緊張があり、5月の大型連休をきっかけに身体的・精神的にも落ち込みやすくなるというものです。

 

対策を知り早めのうちから備えたいものですね。

 

対策①

ストレスを溜めない

自分の気持ちや考えを発信せず、溜め込んでいませんか?

仲の良い友人や家族に話を聞いてもらうのだけでも気持ちが落ち着きます。

 

対策②

はりきり過ぎない

「早く環境に馴染まなくては!」「すぐに仲間と打ち解けなくては!」と思っていないですか?

最初から飛ばしすぎてしまうと後々、自動車のガス欠の様な状況になってしまう可能性があります。

自分自身の心の燃料と、頑張りたい距離を測って行きましょう。

計画が大切です。

 

対策③

休み中の過ごし方に気をつける

心と体をリラックスさせることと並行して、生活リズムを崩さない事も重要です。

夜更かし・寝だめは疲労感を生みやすいと言われています。

普段の起床時間・外出時間を意識し行動するだけでも休み明けの行動はスムーズになると思われます。

 

簡単に対策をお伝えすると上記の様な実行が考えられます。

折角の連休なので、充実したお休みを過ごしてください。