インフルエンザ対策

『インフルエンザ対策』

 

皆さん、こんにちは。
就労支援員の伊藤です。
2月に入り寒さが厳しくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

年が明けて世の中ではインフルエンザが大流行しました。
テレビのニュースでも全国で「警報」レベルが出ており、
ピークは脱したとのニュースも見られましたがまだまだ警戒が必要です。

 

そこでSAKURA松本センターでは「インフルエンザ対策」に有効な手段とは?
と題してご利用者様と一緒にどんな方法が有効的なのかを考えてみました。

 

手洗い、うがい、アルコール消毒!

 

満場一致、この3つは欠かせません。
マスクの着用も必要。でもこれだけで良いのだろうか…。
そこでふとした疑問が湧きました。

 

「なぜお医者様はインフルエンザにかからないのだろうか?」

 

今年はインフルエンザの患者は1990年以降で過去最多。
多くの患者さんを診ているお医者様はどんな対策をしているのだろうか?

 

・最強の予防接種を打っているのでは?
・世間には広まっていない特別な特効薬があるのでは?

 

そんな意見も出ましたが、いろいろ調べていくとお医者様の対策がわかりました。

 

『1日5~6回、歯を磨く』
『マスクを1日20枚使用する』

 

なるほど。
私たちでは手に入らない薬があるわけではないんです。
基本的な手洗い・うがい・アルコール消毒のほか、
口の中をきれいにするための歯磨きをいつも以上に行っていらっしゃったんですね。

 

そこでSAKURA松本センターでも昼食後の歯磨きを声をかけあいながら実施しています。
またメンバーさんの中には意識して歯磨きをするようになったとの声も。
私も朝起きた時、朝食後、昼食後、帰宅時、就寝前と1日5回の歯磨きを実施!

インフルエンザにかからず元気に皆さんへ就労サポートが出来るよう、
続けていきたいと思います。