就労者の声

みなさん、こんにちは。

SAKURA蒲田センター、生活支援員の今村です。

 

いよいよ本格的に梅雨の季節に入り、蒸し暑い日が多くなりましたが、体調など崩されていませんか?

湿度が高く不快な日もありますが、道端に紫陽花が綺麗に咲いているのを見かけると、梅雨時期ならではの良さを感じるようです。

 

 

 

さて、今回のブログも前回に引き続き、先月センターをご卒業された利用者さんの声をご紹介します。

 

 

自分はSAKURA蒲田センターに半年間通所して色々な事を学びました、自分が今まで働いてきた中で気づかなかった部分をこのセンターで学びました、自分は半年間休むことなく安定して通所出来ました。それは会社に行ってからも勤怠の安定は一番大事です。   

事実、面接や実習など積極的に活動し始めたのが昨年の12月位です。自分の目標としましては3月までに就職するという目標でした。2月、3月に入り自分にとって地獄のような予定がありました、毎日ハローワークに行き求人検索を行い、翌日に紹介状を交付しにハローワークに行きました。自分が受けた企業の数が10社です。その10社の中で返事が来たのが45社です。書類選考が通り週に3社の面接がありました。

残念ながらその3社は不採用になってしまいましたが、その時に気づいたのが自分にはこの会社で働きたいという意欲がないのかなという事に気づきました。その時から自分は面接のときに意欲を出そうと決意をして面接に挑みました。そんなときに予想もしていなかった企業から内定の連絡が自分に来ました。

自分が言えることはこれから先いくつもの高い壁があります。それを壊して就職というそれぞれ一人一人の目標に向かって頑張って下さい。

 

 

今回「卒業者の声」を寄せて下さったSさんは約1年間SAKURAセンターに通われていました。

の間、ただ単に内定を得るためだけに動くのではなく、お仕事をするうえでの心構えや体調管理といった「長く働き続けるために」必要な生活リズムを整えるなど、1つ1つを積み重ねていったことが、Sさんにとってより良い結果に繋がっていったと感じています。

 

また、内定を頂いたあとでも熱心にカリキュラムに参加するなど、卒業日までSAKURAで得られることを吸収しようとする姿は頼もしく、また職員も見習わなければならないと気が引き締まる思いでした。

 

Sさん自身が仰っているように、就職を決めるまではいくつもの高い壁があります。

しかし、焦らず一歩一歩進んでいくことで、最後には必ず歩み始めたときには想像もできなかった景色がそこには広がっているのだと私たちは考えます。

SAKURAセンターでは、いつでも「働きたい」という希望を持った皆さんの力になります。

「なにか一歩を踏み出したい…」そんな思いをお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せください。

 

最後に、Sさんこの度はご就職おめでとうございます。実際にお仕事を始められてからも、時には困難に直面することもあるかと思います。

しかし、いくつもの壁を乗り越えてきたSさんなら悩みながら、必ず前に進んでいけると信じています!

今後の更なるご活躍をお祈りしています。

**********************************

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

お気軽に下記までお問合せください。

『03-5714-0392』

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。

**********************************

 

~就労者の声~

こんにちは!SAKURA蒲田センター就労支援員の岡本です。

 

今日から6月に入り梅雨入りなんてニュースもそろそろ耳にする季節となりました。一年で最も嫌いな季節と思われる方も決して少なくはありませんが、体調面も含めてこれからの蒸し暑い季節を元気に乗り越えていきましょう!

 

SAKURA蒲田センターでは就労者ラッシュとなり、5月末から6月にかけて3名の方が卒業されております。今回のブログではその中で1名の就労者の声をお届けしたいと思います。

 

SAKURA蒲田センターに通所を開始した時には、学校を卒業したばかりで、障害に対する自己理解も、ほとんどできていませんでした。ただ漠然と半年も通っていれば就労できるだろうと、考えていました。当然、障害者就労がそんなに甘い筈もなく、通所を開始してから企業から内定を頂くまでに二年近い時間がかかりましたが、今振り返ってみると、就労前に二年間も成長する時間が持てたということは、素晴らしいことだったと思っております。もし何かの間違いで半年くらいで就労してしまったら、今頃さぞかし苦労していた事でしょう。さて、このブログを閲覧されている方のなかには、どうすれば障害がある自分が、あるいは自分の身近な人が就労できるのかと、思われている方もおられるかと思います。就労方法は人それぞれなので「これだ」と言えるものはないのですが、私の個人的な意見としては、自分の障害ときちんと向き合うこと、そして自分の今果たすべきことを日々、地道に行っていくことが、就労への道だと思います。就職活動をする前に、自分をどれだけ磨けるか。それによって、就職の難易度は大きく変化します。そのために、まずは当たり前の事を、当たり前にやれるようになっていってください。

 

 

就労者のTさんは当センターで約2年近くかけて働く上での体調管理と長く就労する上で何が大切なことなのかをじっくりと学び、自己理解を深めて就労されました。Tさんは私たちもお手本にしたいくらいのご挨拶と言葉遣いが印象的な方で、旅行に行った際などは必ずお土産を持ってきていただきました。

通所最終日にも利用者さんとクルーに対して素敵な贈り物をいただきました。

 

今回のブログのトップ画像がそれです。

 

これはチベット文化圏で儀式や送別などの改まった場面で相手に敬意と感謝の念を表して送られる「カタ」というものです。

Tさんはご家族とネパールに行かれることもあり、お土産もたくさん頂戴しましたが最後も素敵なプレゼントを頂戴しました。

 

どうか持ち前の素直さを活かし、就労先でのご活躍を心よりお祈りしております!これまでたくさんのお土産と思い出を本当にありがとうございました!!

 

 

**********************************

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

お気軽に下記までお問合せください。

『03-5714-0392』

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。

**********************************

 

 

新クルー紹介

はじめまして、4月より蒲田センターに配属になりました今村と申します。

 

今後はカリキュラムなどを通して、皆さんのサポートに取り組んで参ります

 

「就労」は、皆さんにとって大きなライフ・イベントの1つだと思います。

 

そんな大切な機会だからこそ、1日1日を丁寧に、皆さんにとって意味のある時間になるよう心がけていきます。

 

なにか不安に感じたり、困ったことがあれば気軽に声をかけてくださいね。

 

 

最後に余談ですが、北海道出身なので、

 

・お花見の定番は外でジンギスカン?

 

・道民のソウルフード「焼きそば弁当」ってなに?

 

などなど、「北海道あるある」が聞きたい方、ご旅行の予定がある方も気軽にお声かけください!

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

**********************************

 SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

 お気軽に下記までお問合せください。

 03-5714-0392

 就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

 綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。

**********************************

コミュニケーション研修

皆さん、こんにちは。

SAKURA蒲田センター 職業支援員 源川(みながわ)です。

 

蒲田センターでは4月よりカリキュラムを再編いたしました。

金曜日は第13週にコミュニケーションカリキュラム、

24週に実際の就労を想定した業務研修を行っております。

 

421日は第3週の金曜日という事でコミュニケーション

カリキュラムが行われました。

 

障がいがある、なしに関わらず、コミュニケーションを

上手く取っていく事って難しいですよね・・・。

 

コミュニケーションカリキュラムでは

相手に自分思っていることを正しく伝える

相手の言っていることを正しく理解しようとする

①②を意識してコミュニケーションをとってみる

を軸に、毎回ゲーム性のあるプログラムやロールプレイングを行っています。

 

今回は「聞き方を身につける」がテーマでした。

ペアを作り、相手の話に頷いたり、おうむ返ししてみたり

と色々な「聞き方」を試してみました。

私、源川も一緒に参加させていただいたのですが、

どうすれば相手が話しやすいか、より話してくれるかと

いうことを実践で学ぶことが出来ました。

 

蒲田センターではビジネスマナーやパソコンはもちろん、

日々にも役立ていただけるカリキュラムもご提供させて

頂きます!

 

就職に向けて不安なこと、やってみたいことありましたら

どんどんご相談ください。

ちょっと見てみたいな~と軽い気持ちでの見学もOKです!

是非、一度お問い合わせください!

職員一同お待ちしております!

 

**********************************

 

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

 

お気軽に下記までお問合せください。

 

『03-5714-0392』

 

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

 

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。

 

**********************************

 

 

~就労者の声~

皆さま、こんにちは。SAKURA蒲田センター就労支援員岡本です。

 

春は別れや出会いの季節と言われますが、センターでも新しいスタッフを加えて新体制の下、現在のメンバーさんの就労支援はもちろん日々のカリキュラムのご提供、就労者の定着支援により一層の努力を重ねてまいります。

 

新体制のSAKURA蒲田センターを何卒宜しくお願い申し上げます。

重ねて皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。

 

さて蒲田センターでは就労者の方1名が決定し、3月に無事にセンターをご卒業されました。

センターを卒業するにあたり就労者のSさんより最後に皆さまへお言葉を頂戴しましたのでご紹介させていただきます。

 

昨年の11月より約4ヶ月、SAKURA蒲田センターに通所させていただきました。私は、車いす利用者で、蒲田センターでは車いすの受け入れが初めてということ、他の通所者の方とは障害種別が違うということで不安でした。当初は、私の他メンバーさんの障害への誤解から、余計な気を遣ってしまい疲れてしまう事もありました。勇気をもって、余計なことは考えず話しかけてみました。すると、皆さん気軽に応じてくださり、その後は楽しく過ごさせていただきました。この事を通じて私は、これまでも勝手な思い込みや、相手が少し自分と違うというだけで壁を作って人間関係の幅を狭めていたことを気付かさせていただきました。就労先では、この時の気づきを活かして、まずは人間関係の構築を目標に頑張っていけたら…と思っています。安全に過ごせるように色々と気を遣ってくださった職員の皆様と、私の話に気軽に応じてくださり、大きな気付きをさせてくださったメンバーさんに感謝です!

 

Sさんは蒲田センターで初めて車椅子をご使用されたメンバーさんであり、受け入れるにあたりセンター内でも幾度もご本人やご家族と面談を重ね、通所後も何度もご本人との面談を行ってきました。

 

Sさんからは私たちセンタースタッフやセンターのメンバーさんも実際の対応方法や配慮事項など様々なことを実践を通じて学ばせていただきました。おかげさまで車椅子をご使用されている方への対応に自信を持たせていただいたのはSさんからの勇気を持った発信や細かな気遣い、気配りのおかげです。

 

Sさんの挨拶や他者への対応はメンバーさん含めスタッフも見習うべき点が多々ありました。就労先でも持ち前のコミュニケーション力を是非とも発揮し、ご活躍されることを切に願っております。

 

Sさん、素敵な思い出を本当にありがとうございました!

 

 

 

**********************************

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

お気軽に下記までお問合せください。

『03-5714-0392』

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、あなたの「働きたい」を応援しています。

**********************************