検品業務って??

皆さんこんにちは。

 

生活支援員の植松です。

 

いよいよ7月も半ばに差し掛かってきました。
梅雨明けが待ち遠しいですね!

 

本日は、SAKURA蒲田センターの業務研修カリキュラムの「封筒検品」作業についてご紹介させていただきます。

 

「検品」とは何かというと・・・
つくられた製品に、不備がないか確認をすること

 

蒲田センターでは、封筒を作成する作業を行っていますが、自分たちが作成した封筒がお客様の元にだすと考えた時に、不備などがないか自分たちで検品を行っています。

 

検品業務を下の検品表のチェック項目をチームで分担して、チェックしていきます。

 

 

 

 

自分の担当箇所が終了したら、次の担当の人に回していきます。

全部の箇所の検品が終わるとこのようになります。↓

 

 

最後の担当の人は、お客様にだせるもの(合格)と残念ながらだせないものを番号ごとに仕分けしていきます。

 

 

この日は一日になんと181枚の封筒を検品することができました!!

 

蒲田センターでの検品業務は、チームでの作業となるので、
周りの人への声掛けや動きをある程度合わせていくことが必要となります。

 

中々難しい作業でもありますが、皆さん声掛けなどを意識しながら行っておりました。

 

また、検品を行うことで封筒を更に丁寧作りたいと利用者さんたちのモチベーションも上がり、封筒作成の精度もどんどん上がっています。

 


蒲田センターではこのように実践的な作業の中で他の方とコミュニケーションをとるようなプログラムを用意させていただいております!!

 

苦手な方も職員と相談しながら行っていきます。

 

興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、いつでもご連絡をお待ちしております。

 

*****************************

 

SAKURA蒲田センターでは現在、見学・体験・利用を受け付けております。

 

お気軽に下記までお問合せください。

 

『03-5714-0392』

 

就労移行支援事業所 SAKURA蒲田センター受付

 

綜合キャリアトラストSAKURA蒲田センターは、

 

あなたの「働きたい」を応援しています。

 

*****************************