「挨拶板」の意味

綜合キャリアグループが大切にしていることのひとつに「挨拶」があります。

 

その挨拶が自然とできるようになるために「挨拶板」という装置を設けています。

 

 決められた場所で挨拶を行うことをルール化し、習慣として身についていなければ、つい忘れがちな基本動作・礼儀を忘れないようにする為の「装置」としての意味をもっています。

 

 挨拶板の上に立つときには必ず挨拶をします。

 

そして、場面に応じて挨拶と返し言葉が決まっています。

 

「こういったときには何と言えば(返したら)よいのだろうか?」と悩む必要もありません。

 

 毎日行っていくことで、就業場所の入り口でしっかりと挨拶をすること、そして相手の方に挨拶を返すことが自然と出来るようになっていきます。

 

  挨拶は、人と人、業務と業務、心と心をつなぐ際の表現方法です。

 

挨拶を通して心の表現をすることで、次のような効果が得られます。

 

 

①相手を元気付ける

 元気に挨拶を行なえば相手も嬉しい気持ちになり、つられて元気になります。

 そのために、相手を元気にする挨拶を行なう必要がありますが、その「価値や意味」を自分の中に持っている事が大切です。

 

 自分の中に「価値や意味」を持つということは、相手が挨拶を返しても返さなくても、相手が砂金イ挨拶してもしなくても、相手の行動にとらわれるのではなく、こちらから、「相手に元気になって欲しい」「笑顔になって欲しい」と思う気持ちを行動に表すことに、高い価値や意味があるという考え方を持つということです。

 

②自分の信用を高める

 挨拶を行うことで、自分の信用を高める事ができます。

 常に元気な挨拶をする人は相手から、「いつも気持ちがいい」、「この人と仕事をしたい」と思ってもらえます。

 自分の感情で行動するわけではないので、

 周囲から「きちんと挨拶が出来る人=いつもしっかりとした対応ができる人=信頼ができる人」と思ってもらえるのです。

 

③コミュニケーションが活発になる

 挨拶を行うことで、職場のコミュニケーションが取れるようになります。

 相手の動きを気にかけ、挨拶を通じて声を掛けることで、相手への気遣いができ、相手も自分を気遣ってくれるようになります。

 

④企業から受注できる

 挨拶は企業担当者に名前を覚えてもらう為のツールでもあります。

 挨拶をしっかり行うことで、企業担当者と信頼関係を築く事ができます。

 挨拶の重要性は知っていても、挨拶は知っていても、挨拶は自然にできるものではありま

せん。「しっかりしなさい」と言われてできるようになるものではありません。

 SAKURAではいつも元気な挨拶が飛び交っています!

それでは次回のブログの更新もお楽しみに~♪


————————————————

SAKURA池袋センターでは、随時見学受付をしています。
ぜひ、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ、見学にいらしてください!
クルー一同、お待ちしております!

お問い合わせは 03-3971-0133まで

就労の悩みや不安、就労移行ってどんなところ?等々
お気軽にお問い合わせください。

————————————————