SAKURA福岡天神センターを利用して

 こんにちは。

本日は10月に就職したメンバーさんからお寄せいただいた声を

紹介させて頂きます。

 

————————————————————————————————————–

SAKURAセンターを利用した当初の私は高校を卒業したばかりで、元々人見知りな性格なため緊張してしまい、挨拶や人に話しかける時も自信がなく、声が小さく全体的に暗い感じでした。ですが、SAKURAセンターの皆さんは明るく私に接してくれました。休憩時間にメンバーさんやクルーの方が気軽に声をかけられ、皆でにぎやかに話し合っているのを聞いているうちに徐々に緊張が解けて距離が縮まり、自分から積極的に話題を提供することができるようになっていきました。

 

研修に関してはクルーに分からない部分を質問した時に親切丁寧に教えるだけではなく、自分の知らない知識や方法を具体的にアドバイスされたり、良かったところは褒めていただいた事に嬉しさを感じました。そのような事が積み重なり、挨拶や朝礼、職場実習でも堂々と自信をもって取り組むことができたと思います。

————————————————————————————————————–

 

 

★就職おめでとうございます★

本日は快晴の福岡ですが、夜から雨。
明日は春の嵐となりそうですので…                                     満開の桜も葉桜になってしまうのでしょうね。

 

新年度を向かえ…                                               フレッシュなスーツ姿の方をお見かけします。

SAKURA福岡天神センターでは…
4月より就労された方が2名~。

 

★    就職おめでとうございます    ★

マナー研修やPC研修などで身につけたスキルを
ぜひお仕事に活かしてくださいね。

 

★  SAKURAセンターでの研修の感想 ★

Aさん(事務職)

          Bさん(事務職)

 

ご感想ありがとうございました。

 

SAKURAセンターでは

就労された皆さんをサポートしていきます。

企業訪問や面談など支援させて頂きますので

安心してお仕事に取り組んでくださいね。

 

障がいのある方で、就労に関心のある方

ご見学や体験、お気軽にお問い合わせください。

 

( 職業指導員 城田 )

 

*************************************

SAKURA福岡天神センターの
ご利用についてのお問い合わせなど、お気軽にどうぞ
ご見学やご相談など、随時受け付けております。

 ●就労移行支援事業所ってどんなところ?

●就職した後も支援をしてもらえるの?

など、何でもお気軽にご相談ください(*^_^*)

株式会社 綜合キャリアトラスト
★SAKURA福岡天神センター★(就労移行支援事業所)

福岡県福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル3F
(地下鉄14番出口より直結)
TEL:092-733-3918 (平日 9:00~18:00)
FAX:092-733-3919
MAIL:sakura_tenjin@socat.jp

*************************************

 

 

 

 

 

SAKURA福岡天神センターを利用して

先日、SAKURA福岡天神センターを卒業し就職された方の
メッセージをご紹介いたします。

昨年の6月よりSAKURAセンターをご利用された40代の男性からです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

私は、2回目の入院生活を終え、新たにメンタルクリニックに通院することになりました。通院のサイクルは2週間、バスを利用して通っていました。退院後も、一日をほぼベッドの中で過ごし、食事のときにようやく起き上がり、再びベッドに戻るという生活を送っていた私にとって、通院するということ自体、相当の体力と精神力を要しました。
“先ずは通院から”という思いで続けていくうちに、いくらか体力が快復してきたので、毎週金曜日に「デイケア」というサービスを利用することになりました。ここでは、1時間、簡単な計算、読み書き、ペーパークラフトなどの作業を行っていました。
2週間に一度から1週間に一度というサイクルになったことで、やはり当初はそれなりにキツかったのですが、時間が経つにつれ、外出することに対する億劫さは少なくなっていき、「この調子なら、時間を延ばしても大丈夫かも」と思い始めました。
そこで、次の段階として主治医の先生に紹介されたのが、「就労移行支援事業所 SAKURA福岡天神センター」でした。全国に展開しており、就労移行といった面でのノウハウも高いものがある、という理由からでした。
就労移行という響きから、最初は、「いきなり週5日」というビジネスモードなスケジュールを想定していたのですが、SAKURAセンターのスタッフの方からの提案で、“先ずは週2日(月・金)から”スタートすることになりました。次第に慣れていくうちに、週3日(月・水・金)、最終的には、週5日(月~金)いうスケジュールで通所させていただくことになりました。今振り返れば、無理なく徐々に慣らしていったことが、結果的に快復への近道になったように思われます。
私は、SAKURAセンターの最初の利用者だったので、当初は一対一で研修を受けていましたが、利用者の方が増えるにつれ、全く失われていたコミュニケーション力も徐々に戻ってきました。
SAKURAセンターの一日は、挨拶から始まります。次に掃除、朝礼、ラジオ体操の後、研修時間に入ります。私自身、この一連の流れが、正常な日常生活を取り戻してくれたのではないか、と考えています。また、「文字を書く」ということに時間が割かれていることに気付きました。文字を書く機会がなく、当時全く文字を書くことができませんでしたが、おかげさまで、当たり前に「文字を書く」ことができるようになりました。
研修の中身もビジネスマナー、パソコンとも、基礎の基礎から構成されており、徐々に勤めていた時の感覚を取り戻すことができ、今では、通常勤務できる自信も付きました。
ただ最も強く感じたのが、研修の中身もさることながら、温かく優しい、スタッフの皆さん、他の利用者の方々に恵まれていたことです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私をどん底から救ってくれたのが、SAKURAセンターです。このたび、幸いにも、職に就くことができました。
「皆さん、頑張ってください」などと、大それたことは言えませんが、この拙文を読んでくださった皆様の未来がひらけることを切に願っております。