サビ管の雑感① 『挨拶』

皆さんこんにちは。サービス管理責任者の下尾です。

 

2018年が始まったのもつかの間、

もう月の半分まで来てしまいました。

 

毎日寒い日が続いており、福岡でも雪がちらつく日もあります。

新年を迎え、センターのブログに

時々私も登場させて頂き、

就労支援に関するさまざまな思いや

その他とりとめのないことを綴らせていただきます。

よろしければお付き合いください。

 

第一回目のテーマは「挨拶」です。

挨拶がコミュニケーションの中で

一番重要なツールであることは

今更言うまでもないことですが、

本日は「挨拶」にまつわる

印象的なエピソードをご紹介します。

 

今から数年前・・・

私が障害者就業・生活支援センターの職員だった時代

利用者様の企業実習をすることになりました。

この実習は採用していただくことが前提ではなく、

企業で働くことを経験していただく

という目的が大きくありました。

 

結果、思ったとおり実習の評価は高くありませんでした。

どうしてでしょうか?

指示されたことを「はい」と言って違うことをしたり、

作業のスピードも決して速くなく、

支援者の間ではあきらめムードが漂っていました。

 

ところが、会社から是非来て欲しい!という話になったのです。

はっきり言って大どんでん返しです。

 

会社の方の話によれば

その方は「挨拶が良く、職場の雰囲気を明るくしてくれる」

存在であるからと言われるのです。

 

確かに、いつも近くまで寄ってきて

にっこり笑って大きな声で

「下尾さん、こんにちはぁ」と言ってくれました。

 

また指示したことと違うことをしていたと書きましたが、

会社の方が指示をした時には、

にっこり笑って大きな声で返事ができていたそうです。

違うことを指摘されると…

これまたにっこり笑って「すみませんでした」と言い、

分かりやすく指示されるとスピードは遅くても

誰よりも真剣な眼差しで仕事をしていたそうです。

 

私はこの方を支援している中で、

こういう挨拶ができるというのは

働く上では十分強みになることを学びました。

 

もちろん、にっこり笑っていれば

すぐに就職に結びつくわけではありません。

こういう「挨拶」は意外と難しいことにも気付かされました。

私がこの方のように近くまで寄って

にっこり笑って挨拶できているかと聞かれれば、

そこまではできているという自信はありません・・・。

 

SAKURAセンターには「挨拶板」というものがあり、

「挨拶」をとても大事にしています。

メンバーさん、クルーを問わず

必ず出勤、退勤の時は、その「挨拶板」の前で

挨拶をすることがルールとなっており、

自然に「挨拶」をする習慣が身につきます。

 

どのようなものか、気になった方は

ぜひSAKURA福岡天神センターへお越しください。

お待ちしています。

 

 

*************************************

SAKURA福岡天神センターの
ご利用についてのお問い合わせなど、お気軽にどうぞ
ご見学やご相談など、随時受け付けております。

 ●就労移行支援事業所ってどんなところ?

●就職した後も支援をしてもらえるの?

など、何でもお気軽にご相談ください(*^_^*)

株式会社 綜合キャリアトラスト
★SAKURA福岡天神センター★(就労移行支援事業所)

福岡県福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル3F
(地下鉄14番出口より直結)
TEL:092-733-3918 (平日 9:00~18:00)
FAX:092-733-3919
MAIL:sakura_tenjin@socat.jp

*************************************